ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hacking, Spy and Battle of secuarity

The woman is stupid presence.  女は愚かなり![Ⅱ]

Why is the female stupid?
A theme since ancient literature… Although the male is terrified to the stupidity, also can't help but surprised to such presence. An example;
My neighbor is a family with two kids, owns a car of reasonable size. The man drives when they all go somewhere. I saw often in front of houses the mother drove to bring kids to school. On one day I bought a heavy material (200 x 50 x 50cm) in 4km away DIY shop. The thing could fit just inside of their car. On a sunny nice day we met each other in front yard. Spontaneously I asked a favor of her the transportation. Smiling to me she said in a lilting voice ; Oh Ken, I'm awfully sorry I have no driving license.


Rebekah Brooks ; Since her arrest 17 July 2011, she has been the most highlighted woman in UK, US and other English spoken countries [Note1]. The criminal court of England and Wales known as the Old Bailey located in London began the Phone Hacking trial on October 2013. Its chief alleged persons are Brooks and her 25 years running mate Andy Coulson.

Rebekah Brooks ; I just associate her with Catherine the Great. A typical feudal absolute empress (Tsar). Her era lasted 34 years and made herself up as an enlightened sovereign. But it was her sales image. She had and needed lovers without a break till her death.
140223 Hacking trial size 640

The era of Brooks in the Murdock Empire lasted maybe two decades. Murdock would be certainly fond of her charm when he saw her (20ager). Her nicname is 5th child of Rupert Murdock [Note3]. She rose up from a researcher of a weekly tabloid to the most powerful woman in Britain's media and a friend to prime ministers Tony Blair and David Cameron. She was then a person near the center of that upper class society.

The glory of Yekaterina II Velikaya (Japanese; エカチェリーナ2世アレクセーエヴナ. German; Katharina die Große) owes to the miserable domestic serfs (slave and peasant ; famer's term) and soldiers of several wars as to expand Russian territory and the loyalty of generals and politician who were ever her lovers. By the way, today you know about Ukrainian domestic warlike conflict. The present Europian largest country became within Russian teritory at the time of Catherine the Great [Note 4].

Catarina 2 640

Shortly ; German name Katharina die Große sounds beautifuland better(fo me). Her girl's name was Sophie Auguste Friederike, a doughter of a ruler in small principality Anhalt-Zerbst. She married with the russian prince and her nephew Peter (later 'Tsar Pyotr Ⅲ'). Official history didn't mention, but Sophie led perfect conspiracy that her one of former lover assassinated Peter Ⅲ. As the result she become Katharina die Große, in spite of no Romanov blood. Her son (Tsar PavelⅠ) might be not her own, but of Sergej Saltykov who was first her lover. Between Tsar PavelⅠand Saltykov, however, there was very little in common due to face and height. DNA test? yes necessity!

In above-written short story, you would find association with Rebekah Brooks. How to make career? From a small land ruler to a big monarch's Empress. You need innocent charm to make advancment in society, in addtion it is necessary conspiracies to rise to the top of the world.

Hacking Trail 03-1
Two days before the arrest by the Scotland Yard, Ms.Brooks had to resign CEO of British branch of News Corporation. Caused or influenced by declarations of NI`s second shareholder and Laver`s leader Ed Miliband.

Reference ; http://zasshizassozatsujin.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
The date of her resignation was 15 july and that of her first arrest was 17 July 2011 *(second arrest 13 march 2012). A Twitter message on the day impressed me. It was the reason why I continue still this blog but mainly in Japanese as you see.


On 11 July 2011, Blair did phone call to Brooks. An hour talk. She was very familiar with the former prime minister since he formed his own New-Looks-Laver cabinet in May 1997. Anthony advised Rebekah how to deal wih the Phone Hacking scandal where she was the core person.

On 19 Feb. a little sensetional new fact was disclosered in the Old Beilly. A fact that Blair wanted to be private adviser for Brooks and Murdock-side. After the call Rebekah reported the content in detail as an e-mail to James Murdock. Jury members in the trail have heard the e-mail read by a prosecutor. Mr. Blair would worry certainly such closeness between him (gavernament) and her (Media) which took place in whole his period (more than a decade).

Hacking Trail 03-2 640


Why are women stupide? Thinking about the issue, someone said with closed eyes ; Because they think they are always right. When you hear on these days what Brooks testified in the witness box on the court, we would be able to believe it.

1. Few days ago at the Old Baily, Ms. Brooks insisted on ; she did not know till july 2011 that Phone hacking was illegal.
2. While from 1998 till 2009 she authorized a series of payment that journalists asked permission to their bos. The receivers were public police officers and a press officer of MoD(Note 5) who gave internal information to her tabloid. Instead of getting government information, these tabloids compensated public officers with pretty large amount of money. In the media world it is normal and so-called public secret. British law forbid any such activities for the public officials. Clearly Rebekah's one was bribery. Ms. Brooks knew it naturally.

From these facts of 1 and 2 points, everone can learn an obvious contradiction . Ms. former bos of the News International creates own Fairy Tales. It is not lieing at all for her. In another expression, you would say ; hilarious genius. It is as much as similar to the wife of my neighbor[Note 6]. A daily ordinary scene isn't it!


【NOTE】;
1. Countries where Murdock media-empire has considerable share of the market

2. Russian : Екатерина II Великая, Yekaterina II Velikaya (1729 –1796) was then feudal absolute ruler of Russia (reigning from 9 July 1762 until her death at the age of 67. It is said ‘Russia's golden age‘ like the golden 17 century of the Netherlands.

3. Last year November he divorced with 3rd wife, Wendi Deng after 14 year marriage. Both says ''an amicable settlement'' When he divorced from 2nd wife, it costed reportedly a billion dollar. 'This time? Probably more... Murdock supported three cabinets of Blair's era. Two couples were each other good friends. Now there is a gossip that Tony Blair and Wendi Deng would have affair/relationship.

4. After her first Russo-Turkish War (1768–74) the Russian victories allowed Catherine Ⅱ to realize the policy to the South as to obtain access to the Black Sea. As results the new cities of Odessa, Nikolayev, Yekaterinoslav (means "the Glory of Catherine") were settled. The Ottoman Empire had to return to Istanboel . Through the second the Russo–Turkish War (1787–92) it was made socalled 'power of balans' among western countries (Roman catholik), Russia(Orthodox) and the Ottoman empire (Islam).

5. MoD ; Ministry of Defence, Its former spokeswoman Bettina Jordan Barber accepted more than £100,000 in payments from the News International for a string of military stories. She was charged, fired and sentenced.

6. How do you think whether she has driver's-license or not? Possibly she has never got it, but it was not a matter of her. Or she enjoys herself sudden inspired bright idea so that she can avoid the time-wasting and a tiny hassle.

**** reference; an article of The Telegraph 20 feb 2014.
【The former chief executive officer of News International is still facing one charge of conspiracy to hack phones, one remaining charge of conspiracy to commit misconduct in public office and two counts of conspiracy to pervert the course of justice.  She denies all the charges and the trial continues】
スポンサーサイト

Hacking, Spy and Battle of secuarity

Woman is stupid presence.  女は愚かなり!

The human is an animal (Hominidae) that can lie. Saying untruth makes often things better, but except black lies or a pack of lies. There are genious or professional liars who are criminal almost.

In a way the male seems to make deliberate invents, while the female to say transparant and childish stories. Who is the most such fake maker? Male or Female?

from Past Articles of 'Hacking Spy...' At this hearing she was the top of News International.
Rebekkah Brooks 02

Lie of woman would be created because of 'woman'. She thinks that she is woman therefore her lie will be accepted. Man would like to believe woman's words although he could imagine it as false. It is said the female has much fantasy than the male.

In other expression, words of woman should never in doubt. Fakes by men are regarded as manipulation or fraud, while transparent simple inventions by women are treated as innocent attraction and even woman's charm.

Andy and Rebekkah. They have been sitting side by side,literally and figuratively, in past 25 years. In 5th january the court began to judge their 'phone hacking' allegation. Their secret affairin 1998-2004 has just disclosed there by a prosecutor. Two weeks from now the court in Central London wll be open after a break.
Andy Coulson and Rebekah Brooks Murdoch
↑ Mardock father/son

Above mentioned aspects are found in a person Rebekah Mary Wade. 'Woman is stupid presence' is a phrase in literary since human’s memory. Ms. Rebekah Mary Brooks represents it in 21 century.[Note 1]

Reference; マードック・ダイナスティー、US本国で裁かれる? (Be tried Murdoch Dynasty, in US home country?)
http://zasshizassozatsujin.blog.fc2.com/blog-entry-271.html

Rebeckah col 03

25 years ago she worked for the News of the World. She was a charming girl than an intelligent one, perhaps had not any high quality Qualification. In 2009 became the top of News International, UK represent of Mardock dynasty /News corporation in US. In 15 July 2011 she had to resign from the CEO. Her all career was made by fake journalism which was mainly the phone-hacking.

Ms. Brooks then married mr.Kemp had affairs with college Andy Coulson who is another key figure of the scandal. Both persons denied every suspects on the Culture, Media and Sport Select Committee of the British House of Commons.

She declaired always for questions of the Commttee; I didn't know it. At this time of 2014 it will be clear that all her answeres ware lie. She is still a most spot-lighted British woman. Why spot-lighted? World she dwelled and made her carreer is now busy as to publish what it happened with Rebekkah in past 25 years. As you know, UK is the country of Gossip.


{Continued}

【NOTE】;
1. married with Ross Kemp (m. 2002; div. 2009) and Charlie Brooks (m. 2009)

Hacking, Spy and Battle of secuarity

Edward Joseph Snowden ブクブク泡騒ぎ

上画像;左ヴェネヅエラ大統領マデュロ(Nicolás Madurono)。後ろ写真のチャベスの死後に一番手に成った。 右;ニカラグア大統領オルテガ(Daniel Ortega) 中画像;ボリビア大統領モラレス(Evo Morales】 下画像;国連のバン・キー・ムーンと並ぶアルゼンティン大統領キルチネス(Cristina de Kirchner)。南米の3人大統領が米国の指名手配容疑者の亡命受け入れを争っている。メリットは何だろう。
snoeden 5


大ブリテン島を占める「王様寄り集まり」と言う正式名の国で、数年前に電話盗聴スキャンダルが起った。メディア帝国と言われる`マードック`によるあらゆる個人の盗聴であった。ルパート・マードック自身とブリテン持ち株会社トップとが自由に政府/内閣府に出入りすると言う`異常`を誰も不思議に思わなかったスキャンダルでもある。

一月近く前の6月10日ガーディアントップ一面が下の記事/写真である。今回の盗聴/ハッキングは民間企業によらない。アメリカ合衆国州政府の1部門NSA(National Security Agency=国家安全保障局)による大規模な情報収集。もちろん秘密なる違法行為である。これを暴露したのはNSA勤務スノーディン(30才)。内部告発で、見出しにある`口笛吹き`である。「プライバシーと基本的個人自由を侵害するUS政府を許すことが出来ない」動機が明らかにされている。

Snooden 01


ガーディアンのグレン記者のすっぱ抜き記事以来、30才青年の行方に世界中ジャーナリズムの関心が集まる。ボリビアの・大統領モラレスがモスクワに`私的`風なジェット機で出かけ、スノーディンを乗せ飛び立ったと言う分刻みのトイッターが昨日流れた。何故、貧しいボリビアの人気`実は独裁的`大統領がシャシャリ出てくるのか? 何故プーティンが内外記者人を集めて会見をしなければならないのか?香港からモスクワに飛んだそうなスノーディンは今何処にいる? 

格好良いジェット機のメーカーが気にかかる。正式持ち主はボリビア共和国の筈だが、事実上はモラレスのオモチャであろう。つまりモラレスのモスクワ行きはジェット機メーカーへの興味と同じような取るに足りないことなのだ。US政府から国家反逆罪で指名手配を受けて青年をなんとかものにして、人道上の名を挙げると同時に、日頃のオバマ人気とその大国に腹いせしたいと言う単純なゴシップなのだ。

Snooden 02


エドワード・ジョーセフ君はNSAの香港出先で、手短に言えばインタネットスパイ作業に関わっていた。PC学士で卒業後、CIAでコンピューター/インタネット部員として、マア修業をした。それからNSAに移り日本駐留米軍でさらに腕を磨いたそうな。NSAの日常業務スパイ実態を熟知、そしてガーディアンのアメリカ版の記者グレン・グリーンワルトと接触、今回騒ぎ`渦中の人`に浮かび出た。グレンは40代初めジャーナリストで、おそらく意気投合したと思われる。

記事が出て、すぐさま手配容疑者になった彼は身元を明らかにして、淡々と事情と動機を語っている。どこにもいる明るいきちっとした青年。事情とは、今日まで公に知られなかった`同盟`EUの盗聴/あらゆるインタネット交信の収集実態をリークしたこと。ブリュッセルとワシントンだかにあるEU情報中枢ビルから、言わば大水がNSAに漏れていたのだ。

ドイツやUKで具体的証拠がゾクゾク発見されだした。例えばハッキング器機が壁に埋め込まれていたり、コンピューター室の配線がマニュアルと違っていたり…。アンゲラオバサン曰く;もう冷戦の時代は終わったのよ! EU議会の委員長Martin Schulzが「こりゃーとんでもねーことだ。あってはならん」とドイツ訛りの英語で顔を曇らせている。信頼しているUSに騙されていたショックを隠しきれない。

ジョーセフ・スノーディンは自由な個人として[勇気を要したが、するべきことをした」と`清水の舞台から飛び降りた`後のスッキリした表情である。正義の行為をしたと言う確信と落ち着き。父親は理解を示しつつ、お上に堂々出て来るようにメディアに話している。しかし息子は18か国だかに亡命依頼をだしている。アイデンティティーを明らかにしながら、国家の犯罪に対する警鐘者/内部告発者としての自由を確保するためだ。こうした晴れ晴れさは今までに一寸なかった例である。

snoeden 6
女スパイで売るアナ・チャップマン。実は漫画チックなセルフメイド女スパイ。チャップマンは元亭主のUK苗字。離婚した筈だから一種の芸名。ロシアにない姓だから芸能界で目立つ。こんなイカレ女性がロシアに出る。自由な民主主義国家に錯覚する奇妙な現象。建物は不便で悪評高いモスクワの空の玄関シェレメーチエヴォ国際のターミナルビル。プーティン殿さまもまだここまで手が回らない。

とりあえず彼は香港からモスクワへ移動。香港では市民グループが彼を支持するデモを組織した。それは欧米の数ヶ所に伝播。ロンドンのエクアドル大使官`亡命中`ウィキリークス創始者ジュリアン・アッサンジェ[補註1]はスノーディンのために滞在/旅行全てのコスト援助を声明する。

そのエクアドルがまず亡命候補の一番に上がる。実体は、貧しい中南米がUS交渉の札に使うと言うこと。スノーディンはモスクワ空港の乗り換え空間にいたが、モラレスのジェット機に潜り込んだらしかった。直ぐに現場にいるジャーナリストからのトィーター情報が飛び交った。まもなくモスクワを離陸した飛行機はオーストリア上空で着地を強制された。そこからも着くや否やトイッターが入る。深夜だった。眠気まなこのモラレスとお付きの外務大臣はウィーン空港で「どうして足止め食わされる?」と両手を挙げて浮かぬ顔。記者会見中、疲れたパイロットたちは傍の椅子でウツラウツラ仮眠を取っていた。

オーストリアに続き、フランス/スペイン/ポルトガルがジェット機の飛行ルートに当たる上空通過を禁止した。このスッタモンダに巻き込まれるのを避ける外交措置と思われる。茶番劇、と言うか、空しい出来事である。ジェット機はエドワード君抜き、つまり獲物無しでボリビア首都に帰着。するとアルゼンティン若作り大統領クリスティナ・キルッフェナー[補註2]が隣のパラグアイ大統領をさそって、オーストリア初め欧州諸国さらにオバマUSに対し、国際条約に違反する強制着陸/上空禁止の措置は怪しからんとタンカを切るのである。欧米先進諸侯と開発諸国の対立図に一寸思える。今日あたり、南米同盟(中南米を含む)が集まり対策を協議するそうだ。

NSAがEU他の同盟諸国のワイアー・タッピングをしている。公共の水道管や電気線から水/電気を密かに盗む家庭屋根裏ケシ栽培家は多い。それぞれ水と電気のタッピングである。光と水、それら植物栽培に必要なエネルギーを本菅/本線から別菅/別線を引いて只で入手するわけだ。それを、電話の送受話器内部の配線を細工して盗聴するWiretappingになぞらえている。それ故コンピューター交信の収集作業もタッピングと言う。

あるUS外交官によると、ワイアータッピングは常識だと言う。外交における基本的裏方と言うこと。驚くに値しないと彼は言いたいようだ。この暴露があって、`西側`各国は自国情報機関は「そんな違法はしていない」と控えめな声明を出した。しかしフランスではジャーナリストによる`タッピング`が報告されている。ロシアのKGB後身である国家保安局は言うまでもなく、共産支那のインタネット・タッピング/ハッキング部門は3千名だとかの部隊を要し、1にUS、2以下に日本/韓国/EU諸国の情報収集と攪乱を行っている。

USに於いて幾つか世論調査が行われた。スノーディンの勇気を称え支持する人々と、国家利益を損なう反逆行為と思う人々とは半々の印象を受ける。同盟国によって情報盗掘を受けたEU圏ではスノーディン支持が過半数を超えるかも知れない。しかし犯罪者としての扱いはUS法律に従うから、何十年もの収監判決を受ける公算は強い。そこで内部告発=警鐘者の身柄保護に関する法律化を目指す動きが10年来議論されている。告発による社会悪が公になる傍ら、告発者自身が解雇され、困難に陥る場合がある。社会正義に貢献しながら、支払う代償が過酷である。これでは社会が逼塞する。とは言え、悪はたいてい栄えると言う常識が非常識になるのは遠く長いトンネルの向う…。

‘Snowden, will you marry me?’
とトウィートしたのが上のアナ・チャップマン[補註3]。インタネット交信のタッピングに鐘を鳴らした青年に「私と結婚してくれない?」とソーシャルメディアに書き込み、再び脚光をあびた。青年がシェレメーチエヴォ空港内・乗り換え空間にいる状況を巧みに利用した自己宣伝である。辛うじて若いうちのあがきと解して良いように思われる。プロスティテュート風な流し目トィートがメディアに取り上げられる。それがリーク(告発)実体と関わりの無いブクブク騒ぎを良く示している。

空港のTransition Space=乗り換え空間は該当国法律の及ばないニュートラルな空間。そこで長期に渡り生活する例が知られる。収入なしだが、同情者や面白いと思う支援者による助けを得て、目立たぬ場所でまさに`棲息`し続ける。世界記録は2年ほどに及ぶだろうか。スノーディンがモスクワのその空間で日々を過ごしている詳細は伝わってこない。あるロシア女性は「まるでお伽話ネ」と洩らす。トイレ清掃や売店、巡回警備人が日常付き合う人々に成ろう。彼の場合は数え切れないジャーナリストにインタヴューを乞われる筈だから、二重に厄介且つ込み入った生活だろう。お伽話…おおかたの人々の感想であるまいか。

鐘を鳴らすこうし勇気ある人々に羨望を覚える。妻子があれば躊躇する行為に成ろう。鐘を鳴らせるような政治環境を保障する国がホントウの民主主義国家で在るように思う。これに、6月10日以来のブクブク騒ぎが一助するならば、誠に良き哉…。

チャップマン・ゴシップ女史と同じやはりセルフメイド大統領プーティン[補註4]曰く;US政府の情報収集実態の告発をこれ以上しないならば我が国への亡命を認める。スノーディンは直ちに、ロシア亡命依頼を引き取った。どう言う分けか、チャベス後を継いだヴェネズエラのマデュロが「USから近くて遠いここなら亡命生活は快適になる」とOK信号を出した。すると争うように、北と南を繋ぐ細い回廊の真ん中にあるニカラグア・オルテガが「ぜひ我が国においでくだされ」と言わば亡命招待状を出す。ほか数ヶ国が`口笛吹き`君の会得を目指しているようだ。

何処が首尾よく`もの`を掴むか?パスポートと出国するための紙類、さらに飛行便とその切符などを整えること。そしてUS他の妨害を潜り抜けること。さすれば髭伸び放題?のスノーディンが乗り換え域から機体に搭乗できるだろう。彼の勇気に賛辞を呈し、モスクワ脱出の成功を祈りたい。

[補註];
1.Wikleaks, Julian Assange。ジュリアンはエドワードの先達。コンピュータースペシャリストで、国家や企業の不正行為に対する情報開示を行う組織ウィキリークスを立ち上げた。US/UKなどから逮捕令状をうけ、亡命先を探っている。逃げ込んだ大使館から出られないのは、UK外務省の「絶対に出さない」方針による。

2.Cristina Elisabet Fernández de Kirchner。旦那ネストルの不健康で2003年5月、大統領選挙に出て当選。2007年2期目は現役と固めた自陣官僚とにより他2候補に差をつけ再当選。過去の軍事政権を否定、女性大統領として巧みに立ち回っている。旦那がドイツ系だが、スペイン語読でキリチネルのように読むそうだ。参照;4月初頭「アルゼンチンのホルヘ三人」と「アルゼンティン話に付いた尾ひれ」

3.以前のロシアスパイ項を参照されたし。3年前ワシントンからウィーン経由でロシアへ強制送還された。ロシア保安局の他9名スパイと共に、ウィーンでCIAの露西亜スパイ一人と交換された。冷戦時代を彷彿させるドラマだった。アナの人柄は単なる派手好みのいつもスポットライトを浴びていたい典型。

4.大統領選挙過程は先進`西側`手続きにほど遠い買収/二重投票/脅しなど謀略に満ちていた。EU首脳が首を大きくかしげ、外交担当のキャサリン・アッシュトンをして「プティンはその独裁故に歴史の暗い部分ネ。次選挙で直ぐに没落するわ」と言わしめた。


Hacking, Spy and Battle of secuarity

エープリル・キャスバーン15ヶ月収監判決

     2013年2月1日`ガ-ディアン`紙掲載画像。Images on paper `Guardian` February 1, 2013.
  April-Casburn-court-case-008.jpg
:April Casburn has been sentenced to 15 months in prison for trying to sell information about the Metropolitan police’s phone-hacking inquiry Photograph: Stefan Rousseau/PA:


奇妙な誤解があった。不思議ながら、サテライト局SkyNewsとBBCの聞き違いと幾つかのブリテン新聞の読み違いだった、と結論せざるを得ない。UK/phone hackingこのテーマの最近エッセイはApril Casburnについてだった。最終判決が出たと思い、記述している。今朝のサテライトニュースで、判決は昨日出たとのこと。???ながら、勘違いか? とまれ私の痴呆的な事実誤認だった。訂正して謝罪せざるを得ない。

彼女は15カ月刑を受けたと今朝の報道。実際に刑務所に入る分け。幼い養子の世話に対する情状酌量がされ、3年が半分の刑になった。エープリルは実刑を受け、公務員職から(自動的に)解雇された。裁判官Fulfordの判決理由は``進行中捜査の秘密情報を漏らし、代わりに報酬要求したこと。公正であるべき職務にあるまじき腐敗は激しく処罰されなければない」ウンヌン。これは電話を受けたNoWのTim Wood証言を100%信用した結果である。上司へのメイル報告にWoodが思い違いや嘘を書くとは`思われない`と判決文に記しているらしい。Fulfordは``正義の味方=Knight in shining armor``なのだろう。

盗聴ゴシップ紙の接待を受けロクな捜査も指揮できなかった高官公務員は辞職後、堂々と民間に就職している。元Met長官はウンクサイ警察物語をゴシップ紙に書き高額収入を得て、副コミッショーナーは石油小国家バーレンの警察アドヴァイザーをして、独裁者に抗議する人々の弾圧に加担している。

いやはや輝かしい大英帝国の末裔たる裁判所は小者の弱い者いじめをして、腐敗親分を見逃しているんですな!この分だと、容疑者のスターBruuksとCoulson二人は数年の収監刑を受けるのだろうか…? 50名ほどが訴訟され、今後出てくる判決に於いて個々の容疑者がどんな刑を受けるのか興味が持たれる。

[余談]
一日の最期に書き散らす散文に勘違い又事実誤認(dementia or factual misunderstanding)が起こる。当然ながら、今回はいささか目立ち、ガッカリ。なお、その日の出来事が多いので日数が経つと、新材料が出てくるため該当エッセイが陳腐になる場合がある。ところで日経や毎/朝/読などの数週遅れのかなりの量の記事を読むことがある。1~3と言う数週遅れだから話題のテーマに関する署名記事だ。しばしば主要都市常駐の記者諸君の好い加減さに驚かされる。理由は、本社幹部の視線を気にしていること、駐在地の生活感覚欠如、当地メディアの理解不足などか。

Hacking, Spy and Battle of secuarity

マードック・ダイナスティー、US本国で裁かれる?

渋い表情のアンディー・コウルソン、思いつめ疲れた表情のレベッカ・ブルックス。`王様寄合`国家=UKですっかり知名になったポートレート。20数年前、彼らはゴシップ日曜タブロイド新聞ニュース・オブ・ザ・ワールドに入社、当時あたり前の取材方法を`学び`、そしてキャリアーと共にそれを発展させた。只の新聞編集者から社会アッパークラスへの道…。アンディーはキャメロン官邸の大黒柱になり、レベッカはメディア帝国マードックのUK筆頭にまで上り詰めた。

UKタブロイド紙市場に勝ち抜くため、彼らが進化させた取材方法は盗聴・買収・演出だった。これら嫌疑で既にかつての同僚たちと共に訴訟を受け、さらにブルックス夫妻には警察/検察の調査過程に行ったとされる偽証・証拠隠滅嫌疑が加わっている。三日前20日、レベッカとアンディーの44才組に国防省高官贈賄嫌疑が新たに加わった。
      Andy Coulson and Rebekah Brooks Murdoch

ルパート・マードックとジェームス父子。親父81才、長女を作り離婚。再婚して次女・長男・次男を作り再び離婚。零が10個並ぶ離婚慰謝料でゴシップ種になる。ジェームスはその次男。彼が香港テレビ企業を任された時の副社長がルパート3人目の妻。中国女性はジェームスの妹弟になる幼児2人を持つ。

成人子供たちの家族を加えたマードック・ダイナスティーが世界屈指のメディア複合企業を所有している。家族企業と言うのは日本ならば、羊羹/和菓子や酒作りの何代も続く老舗を連想する。傾きかけても損をしても、有能な第3者に経営をゆだねない企業形態。家族が優先する。

オーストラリアの親父が始めた新聞を継いだルパートがアメリカに押し出し、やがて映画製作会社フォックスやウォール・ストリートジャーナルなどを買収、コングロメラートに成長。言い換えれば個人的な財閥か。子供6人と孫たちの繁栄をかけて、老人を継ぐのはジェームスである。この40才は商才によってトップになるのではない。大学中退してから彼の手掛けた企業のおおかたは大損して身売り。ルパートは跡継ぎ授業代として数百億$を投資したと思われる。かくして次男は跡継ぎとして雇用者6万規模の企業トップになると見られる。立憲であれ独裁であれ、君主の血続きに準じる。

諺っぽく「初代がお起し、2代目が潰す」と言われる。UK下院の調査委員会(ビッグベンの建つ元宮殿の一室で開かれる)の問答を伺う限り、この観察は次男ジェームスにも適用できるように思う。商い天才でカリスマの親父ルパートをかばって懸命に委員たちに応えたのだが、数年UKトップ職の実務は`坊ちゃん`ぶりだったことを露呈せざるを得なかった。オーナーとその坊ちゃんに雇用員は精一杯尽くす、それが家族会社の一つの特徴。委員会はジェームスにとって批判と敵対的言辞を聞く初めての場所だったようだ。

三日前にバリスター[補足2]アリソン・ディヴィットが贈賄でレベッカとアンディーを、そして収賄相手の国防省文官ベッティーナ・ジョーダン・バーバルを、それぞれ容疑者として告発手続きを取った。2004年1月から2012年1月まで総額10万ポンドを国家公務員に支払った証拠をメトロポリタン(Met=ロンドン警視庁/警察庁)が掴んだ。10万ポンドを得たベッティーナが与えた便宜はタブロイド大衆紙最大手サンに国防省情報を流すこと。

盗聴スキャンダルが浮上した昨年6月末以降にMetに3つの捜査班が設置された。電話盗聴/コンピューターハッキング/贈収賄、以上3つ。それぞれ90/19/70名の陣容。最後のチームであるエルヴェディン・オペレーションによって、ニュース・インターナショナル・グループと公務員の癒着腐敗の細部が分り、国防省/警察/刑務所の公務員たち総計52名逮捕につながった。他2つのチームによる告発は既に行われ、今回は贈収賄に於いて裁判に入る分け。

このスキャンダルの新段階と思われる。ジェームスの「知らない」いってんばりの議会公聴会答0が偽証に当たることが明らかになってきた。全てのUKトップ職を辞し、ロンドン自宅から本国の豪邸に家族と共に引っ越した。今後ニュース・コープのテレビ事業部門に集中、同時に来たるべき`帝王`に坐すると見られている。

ルパートはまだカクシャクとしている。しかし81才ならば、誰が跡継ぎかを示す時期だろう。次女と長男とは彼ら自身の商いに専念するようだ。ニュース・コープの重役陣からも退き、距離を置く印象を受ける。するとUKから撤退せざるを得ず、ニューヨークに戻った次男しか残らない。

お家の大事に跡目がハッキリすれば家臣も下々も安堵しよう。しかしディヴィット女史の新しい訴訟から導かれるUS法律解釈如何によって、ジェームスの帝王座への移行がスムーズにいくかどうか?  

ニュース・コープ(News Corp)はニューヨークに本拠を置くUS国籍企業である。そして出身のオーストラリアに、UK/香港/イタリーその他に子会社を持つ多国籍企業だ。英国新聞界の老舗と言えるタイムを始め、幾つかの有力タブロイド大衆紙を買収、それらの統括会社としてニュース・インターナショナル(NI)を置く。

2011年6月、NI傘下ニュース・オブ・ザ・ワールド(NoW)の盗聴スキャンダルが一挙に噴出した[補足3]。スキャンダル≒腐敗として世に出たのはガーディアン紙の記事の力。調査を粘り強く続けた記者(Nick Davies)がいたのだ。ほぼ1年半の期間に動いた組織は、Met三つの捜査チーム、検事局(CPS)、リヴァーソン聞き取り調査委員会である。UK国家安全史上に於いて数多くのスキャンダルが並ぶが、これほど大掛かりで徹底的経緯は初めてではないだろうか。

この発生国での罪は発生国に登記された企業によって犯された。公聴委員会偽証を行ったのは親会社から派遣された人物だ。子会社(の経営者または被雇用者)が犯した法的責任は親会社の連帯責任になり得る…と言うUS法律が存在する。ニュース・コープは従ってブルックスとコウルソンの贈賄嫌疑を共有している。しかも2001年9月11日テロの被害者や他事件の関係者に対して、NoWと同じ取材方法・ハッキングをしている疑いがもたれている。それはオーストラリアの新聞子会社に於いても同様である。

もしもブリテン・スキャンダルに於いてジェームス・マードックに罪が課せられる場合、あるいは企業体として有罪宣告を受ける場合、それがニューヨーク本社に適用されうる。そうした裁判は数年を要する。嫌疑がかけられ裁判手続きに入る場合、ニュース・コープは懲罰金を支払い[補足4]、事を収める筈。

コウルソンとレベッカ二人が判決実刑を受ける場合、代りの金額支払いで収監から免れるのが可能になるかどうか?これだけUK社会を零款させた事件ゆえ、猶予つきの短期間刑務所暮らしにしなければならないのでは。腐敗に対する正義を示すために…。
 

[補足];
1.財閥解体以前のトップは家族/家系だったと思われる。戦後、第3者経営者がトップに座るようになった。この意味で、トヨタは家族企業である。USメディアによるトヨタ叩きの時、創業者の曾孫か曾々孫かの豊田氏が「私の先祖が築き上げた企業を守るため」云々と涙の記者会見をした。世界に伝えられ、標準的欧米企業人は驚き、かつ感銘を受けたように思われる。日本的と言うより、この場合、家族会社的と言うべきだろう…。

2.数百名バリスターがいる。参照→7月24日:「知らぬが仏」アサド/キャメロン/某々のキラボシが並ぶ … 
Alison Levitt(48)女史は23才でバリスター試験に合格したそうだから切れ者なのだろう。彼女が首相キャメロンの親しいグループに属するレベッカとコウルソンと他NIジャーナリストたちを歯切れよく告発してきた。
女性同士の敵味方とするゴシップ記事に出会った。アリソンは2人の子持ちで2007年に離婚。その直接理由は旦那の情事だが、彼女も貴族上院議員カーライル(58)と5年の密通関係にあり、冷い夫婦関係を清算したと言うこと。カーライルはUK議会テロ対策委員で、アリソンと常に仕事を共にしていた。学生結婚で同い年の古女房に「あんたがうるさくて耐えられない」+5年の愛人がいることを宣言。一方上さんは、昔むかし愛し合った亭主との子供3人は成人しており、はじめショックを受けやがて怒り、そして慰謝料裁判に勝ったそうだ。
58才議員が若手48才警察法務官に切り替えたドラマ。舞台が仕事場であった点などから、議員と法律家と言う公務員に求められる倫理観/模範性に反する…云々の記事キャンペーンが張れそうだ。もちろんレベッカとアンディーのゴシップタブロイド紙の売り上げに貢献するだろう。つまり女の`復讐`が見られるかもと言う他紙の観測。

3.誘惑/殺害された少女ミリー・ドーラ―の携帯電話の盗聴が契機。センセーショナル記事作りのための手段ハッキングはトニー・ブレア―やゴードン・ブラウン首相など政治家と王室メンバー、芸能スター・各界著名人を含む時事話題の人々4000名余を対象とした。この違法取材は私立探偵を使い、既に10年余前から関係者が事情聴取・逮捕・収監され、議会公聴会でNIマネージャーが質疑を受けていた。恐らく数億円以上の慰謝料を身内の被逮捕者と被害者に支払いながら、殆ど深刻な社会問題として浮上することはなかった。それはNIによる警察トップ陣の供応と、マードックによる労働党政権への支援とのお蔭だろう。巧みにカーバーアップがされていたということ。

4.嫌疑を受けた企業/個人が国家と折り合うために、支払う`調停金額≒課徴金`や逮捕者の保釈金は国家歳入だ。一定の比率が見込まれ、マードックのようなケースだと数十億$になり得る。塵も積もれば…重要な財源である。警察に課せられている交通取り締まりによる罰金財源のノルマのようなものがあるかもしれない。

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る
タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。