ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Uprising 抗議デモ/アラブの春

A strong will of a Syrian girl [one cut scene of Manga]

A cut-scean, a way of Japanese depiction, about a Syrian refugee girl
illustrated by Toshiko Hasumi (はすみ としこ)

151116 by Toshika Hasumi
A text like poem with 11 lines from right to left.
Size of letters become bigger and bigger together with tension`s ascent.
Hierunder symple translation by my own.

I want to live safely
I want to live cleanly
I want to enjoy delicious food
I want to be free to play
I want to be fashionable
I want the luxury
Without any trouble
I want to live as I wish
By others money.
That's it
I do immigrate as a refugee!


This packet (text and illustration) is now a very controvesial issue on Japanese FaceBook. How do you interpret the message of Tosiko Hatumi? Each individual might think several interpretations. I saw mostly criticism at some fb-pages, saying that this kind of article should be eliminated from FaceBook. Many debaters feel themself `ashamed as Japanese`. Such critical opinions are given often to European ultra right such as Marine Le Pen (French Front National) and Geert Wilders (Dutch PVV = Party for Freedom).

Even in Sweden which has most generous refugee-policy than any other countries, it has happened last weeks that very gentle democratic minded citizens say ``enough is enough`` . we can`t receive refugees anymore, otherwise our society would be destroyed. Needless to say, East European countries are tend to refuse all the way EU-committee inquiry that huge amount of refugees must be distributed fairly among all EU members.

In 2015 "Great movement of nations" takes place which had never happened, perhaps since Joseph Stalin`s Siberia sending of the opponets (forced labor) (as the result several million compatriots massacre). "Bundeskanzlerin" Angela Merkel made big mistake although it's an hindsight. She might have imagined such Great nations movement, of course.

Toshiko Hasumi may be not real creator as Manga artist [note 1], but well messenger of own politic and social views.. Her illustration based certainly on this ↓ picture which seemed to be taken by ``the Save the Childrenan``at a place of Syrian refugee-camp, probably in Turkey.
151117 original photo Syrian girl


[continued]


【NOTE】:
01 Manga-ka: Tosiko Hasumi 漫画家/蓮見都志子. She is likely Manga-ka, but just biginner, accooding to me..




スポンサーサイト

Uprising 抗議デモ/アラブの春

Ukraine is on fire caused by Russian interests ウクライナは燃えている


ウクライナの女たち 前/後篇 Women of Ukraine as References
http://zasshizassozatsujin.blog.fc2.com/blog-entry-315.html
2013. 05. 07 ↑ Vemen : PartⅠ
http://zasshizassozatsujin.blog.fc2.com/blog-entry-316.html
2013. 05. 12 ↑ Vemen : PartⅡ
 
Ukraina on Fire 02

Kiev's Independence Square (Maidan Nezalezhnosti). not any more protest demonstration but looks like Partisan War or Civil war.

Ukraina on Fire 05
We can associate this pictures with Tahrir Square in Cairo where the Egypt revolution in 2011 took place against dictator Mubarak. or just the Occupy movement in Europa and US.
Ukraina in Fire 01
photo avov; conventional support area / photo; Uproar spread across the country

Christmas Tree with a victim (dead person) at the top. Five people died by hard crackdown, , several hundred people have been hospitalized. The Christmas tree, decorated with posters of former Prime Minister Yulia Tymoshenko, has now become the symbol of the rebellion.
Ukraina on Fire 06
A young family who are activists as the friends of Europe. Those Opponent / demonstrators are regarded as "extremists and terrorists by president Yanukovich, He takes pro-Russin policy and made new laws to forbid protest. All opposite people who get financial support from outside (EU/US etct..) will be found as spy or nation's traitor. She tells ;must stop her activities.
Ukraina on Fire 03
Under: This is Vitali Klitschko. Leader of Udar Party. More radical group occupied buildings of Ukraine Justice Ministry. But it was brief occupation because fellow opposition groups accused them of peace negotiations.

Ukraina on Fire 04
Daughter is telling the prison situation of her mother,Yulia Tymoshenko.

New Security Control Law seems to create paradoxical effect. Yanukovych may compromise with even weak opposition. The situation is really complicated as if the country is separated with EU and Russia.

'Dictator' Putin plays herewith big role. Interests of Russia is to hold Ukraine as a kind of subordinate country. You can understand the same context why Russia has to hold Syria of Asad. Russia should not lose a foothold in the Middle East.


In a sea of ​​blood, 'Dictator President' Bashar Assad clamped down demonstration of the democratization that took place three years ago almost. Since then, Russia has continued to secretly supply weapons and ammunition with military advisers. If Moskow/Poetin would have given no support to Damascus/Assad, his regime would have corrupted soon after the period when many hight ranked Syrians in de regime deserted.

To say quickly and easily, the interests of Russia means to hold the naval port of Russia 'Tartus' in Syrian west coast, at the same time to keep military merchandise exports. Why Asad made up such big amy is paralleld with Russian traditional Expansion plincple.

In course of domestic war in Syria there was enough time so that many military groups have joined and fighting each others. You know all happening has brought hundred thousands of death and millions of refugees.
In Geneva it is now running Syria Peace Talk. On the other hand Ukraine is on fire. It's all about Howl of Russian bear.


Uprising 抗議デモ/アラブの春

Anglo-French vs Syria/al-Assad 何もせず傍観するのが良策? 

Anglo - France (又はFrench) は政治用語か両者の歴史的関係を示す用語。12世紀ノルマンのイングランド征服あたりから近・現代までの抗争あるいは同盟の経緯を述べる時に用いられる。アングロはUnited Kingdamではない。UKは16世紀半ばのスチューアート朝から成立した`王様を一人に寄せ集めた`呼び名で、イングランド/ウェールズ/スコットランド/アイルランドを含める大ブリテン全ての民族を含む概念。それより4世紀前に起ったノルマン侵入はプランタジネット朝をおこし、その支配領土はイングランドと大陸側ノルマンディーであった。海峡を挟むこの親和性をアングロ-フランスと言う概念で示す…と考えると分りやすい。

1月末のアレッポ。アサド・レジームはキリスト教徒とバース党エリート集団と出身地北部(Alawitesアラウィート)に支持基盤をもつが、それらから決別した人々は多い。国内の数多くの女性がソーシャルメディア上に苛烈な状況を伝え、国外(EU圏)ではメディアを通じ反政府パブリケーションを行っている。画像は自由シリア軍(FSA)1グループの女性リーダー。スカーフをかぶり武器を取る女性。
       Syria 03
        2月17日シリア民族連合体会議、正面の雛壇。


先ごろUKとフランス、言い換えるとヘイグ(William Hague)とファビウス(Laurent Fabius)両外相がEU/NATOの合意なく両者コンビだけで、反政府グループに武器供給する姿勢を公にした。政府への抗議デモが血で染まってから既に2年を経過、子供を含む3万名近い生命が失われている。例えばナトー長官ラスムッセンが「間もなくアサド政権は崩壊する」と幾度も声明、首都ダマスカスすら政府軍と反政府軍の市街戦になるまでに進展。政権の実効支配域はダマスカスの半分くらいに過ぎない。北部と砂漠の広がる東部、つまり国土の大部分が既に行政も届かぬ無政府地帯。にも拘らず、政権はまだ居座っている。

なぜか? ヘイグによるとロシアが武器と軍事顧問を常に供給しているからだ。さらにイランが武器供給に加え、イスラム革命軍の部隊を潜入してアル-アサド・レジームを支えている。これでは「倒れんわね」とある解説者がぶっきらぼうに言った。あまりの長丁場に疲れ「どうしようもネー」半ば匙を投げた風情。

ソヴィエト時代から仲良し国家であるロシアが中東権益の手掛かりを失ってはならないので、黙々と武器追加とそのメインテナンスを行っている。`西側`は建前があるので、堂々と援助できない。ロシアの厚顔無恥なふるまいをとても出来ない。なぜならロシアよりずっと増しな民主主義であるから。このシリア今日の状態を``不公平``と仏英は見なすのだ。また今年に急増した避難民(計二百万と言われ、人口1/10以上になる)、さらに子供を意図的に殺害するレジーム戦術に、堪忍袋の緒が切れたと思われる。

アングロ-フランス共同作戦は実績を持っている。リビア蜂起の時、サルコジー・フランスとキャメロン・ブリテンは及び腰を演じるUS[補註1]に代り、軍事的イニシアティブを採った。今、シリア軍の目を覆うような蛮行に腰をあげざるを得なくなったとも解される。

左の地図に、アナトリア半島を占めるトルコ共和国の北西部が欠けている。東と西の架け橋、バルカン最大の都市イスタンブールがそこにある。右は昨日のイスタンブールのデモ。シリア民族連合(SNC、反政府グループの連合体)の会議があり、主張を掲げるシリアの人々。SNCを亡命政権のように見なすと、アル―アサド独裁に代わる政体を必要とする。即ち首相及び内閣を必要とする。そこで、まず首相を設置しようと言う会議が開かれた分け。
    Rebel gourbament 1
六つの矢印線はシリア内部から逃れる避難民のルートを示す。2013年に入り、避難人数規模が大きく且つ避難度が加速している。首相選びの会議は順調に進み、30年US住まいのGhassan Hittoなる人物が首相に選出された。


シリア状況を当初``アラブの春``平和的デモと誰もが受け止めた。現在、内戦と呼ばれる。正確には様々な外からのアラブ勢力が侵入する混沌カオスである。大部分の武装グループはシリア人主体の自由シリア軍と言われる範疇に属する。ここに、政権を離れFSAに加入した司令官/将校クラスも含まれる。各地のヴォランティア的グループもあり、詳細は不明。兵站(ロジスティクス)はバラバラ在って無いような不統一。例えば弾薬や糧食の供給が追い付かず、正体のわからぬ野武士のような小部隊がいる。以上のシリア人を除き、北部クルド人グループ、ヨルダンのヒズボラ、パレスティナのハマス、アフガニスタン/イェメンなどからアル・カイダ、さらに先述のイラン革命軍などが動めいている。[補注2]

アラブ人によるアラブ国家の構築。昔シリアはエジプトと合体して、この夢を実現しようとした。だがアラブ人同士の憎しみ、典型例はシイア派とスンニ派の血で血を洗う抗争を見れば十分だろう。シリアとエジプトの連合国家は直ぐに解消した。その後いずれも軍人政権が続き、独裁化。彼らのアラブ中東は欧米露の軍事産業の大市場になった。シリア/エジプトは首位を争い、壮観な武器ミュージィーアム国家に育っていった。

イラクそしてアフガニスタンを見よ!泥沼と混迷、先は見えない。ゲリラ的テロリズムの舞台に化している。同胞が同胞を殺しあう。彼らは和すことが出来ない地球上の民族グループに思われたりする。共に和せないので、アラブ大国は軍備に熱を注いできたのかもしれない。`大将`が軍人だから、昔むかしの王様たちの戦争ごっこを彷彿させる。

       アレッポ市街、政府軍空襲/ロケット弾による瓦礫
      Syria 04
       五角のSNC(シリア民族連合体)のシンボルマーク


啓蒙的な価値観は長い血みどろの抗争をかいくぐって育まれてきた。典型例は、ナポレオンから続く仏蘭西革命である。10年ほどの期間にパリは血の流れにそまりながらも、人類にようやく光が差し込みつつあった。あるいは日本の近代革命(尊王攘夷の時代)もこれに属すると考えていいかも知れない。さもなければ日本現在、それなりの`民主度`を得るに至らなかったかも知れない。露西亜/支那/朝鮮半島(特に北)について乱暴に言うならば、そこに啓蒙主義はまだ着地していない。故に彼らはアル-アサド軍事的独裁政権の友好国なのである。

アングロ-フランスの自主的`武器供与`はEU内の賛否両論を呼んでいる。リビア紛争の時、露支と歩調を共にしたドイツが反対する。外相ウェステルウェッレの談話;「火事場に油を注ぐ」。
リビア・ケースでは仏英コンビ爆撃によって短時間決着を見た。あの間際の空爆が無ければ、ベンガジが墜ち、ガダフィー政権が息を吹き返す可能性があった。安保理リビア決議の独逸はチョンボをしたと私は思った。奇妙な外相声明に過半数のベルリン議員が首をかしげたが、今回はどうか…。

ウェステルウッレと異なる文脈で、逡巡する人々がいる。欧米人が人間性を標語にして平和を唱えるが、砂漠の激しい環境に育った掟/戒律、即ちその価値/文明観を変革することは出来まい。もし平和をもたらせると考えるならば、あまりにも安っぽい偽善ではないだろうか。あたかもロシアの疑似民主主義について考察するように…。共産主義独裁は東欧から消え失せたが、おおかたロシア人は欧州に存在する`民主主義`を体験したことはない。シベリア西部は厳しい極寒の地、そこに温暖域に生まれた民主主義が育つ筈はない…、そう少なくとも当面育たないだろう。

人口2千万ほどの国家が空陸海3軍合わせ50万兵を持っていた。数週前に出た英戦略シンクタンク研究レポートによると、シリア動員/展開中の3月現在の実働兵力は5万である。9/10が脱走・戦死など何らかの理由で消え失せ存在しない。

国境に沿うヨルダン側の街ARSALにも自由シリア軍の根拠地がある。昨日シリア空軍機が初めて国境を越えて、この町を攻撃した。既にトルコとの国境線2ヶ所に、ドイツとオランダ両軍のパトリオット・ミサイル抑撃部隊がそれぞれ布陣している。ヘズボラ武装集団の居るヨルダンにNATO部隊を展開出来ない。と言う事情もあって、土壇場のアサド側がARSALを襲ったと思われる。新状況になり、アングロ-フランスの動機を後押しすることになるだろうか。
    Rebel gourbament 2

EU圏主要諸国はアングロ-フランスを含め既にアサド政権を認めていない[補註3]。カタールで実現した反政府勢力の一体化(SNC)、次のアルジェリア会議でSNCを認証する国数が増加、そして先日の移管政府首相誕生と言うお膳立てが整いつつある。これをバックアップするのは`シリア友の会`メンバーである。[補註4]

こうした状況をタイミング良しとキャメロンとオランデの両首脳は読み、決断したと思われる。武器選択と運搬、配布先部隊プログラムはおおかた出来ているだろう。アルカイダと連携するグループは除外されよう。武器供与によって、さらに戦闘火力が増し互いの戦死数が加速、巻き添え市民犠牲者が鰻登りの数になるかどうか? 

あるいは追い詰められたアル-アサッド側が化学兵器(サリンガス等)使用に踏み切るかも知れない。まきぞえを食うかもしれないイスラエルが警告を出す。イスラエルは妥協無しにアラブと対して半世紀を経験。解決の在りえないパレスティア紛争と、``アラブの春``後の騒動とは恐らく同じ性質だと実感しているようだ。もしもそうなら、アングロ-フランスの試みはするもしないも未来は変わらない。何もせずが良策だと言う人がいて、何故と問われると極めてシンプルな答えが返ってくる。アラブ人自身が経験して、血を流し、他に助けを求めず[補注5]、自分自身を見つけなければならないのだと。


[補注];
1.UN(国連安保理)に於いてリビア空軍機の飛行禁止(No-fly zone)可決されるや否や、間髪を置かず仏英の空軍機がベンガジ前線に向かうべく離陸した。同時にUS地中海と紅海に浮かぶ第5艦隊の艦船から百発余トマホークミサイルが火柱を伴って発射された。この仏英米によるNATO連携一次攻撃後に、US海軍は指揮を仏英両軍に譲った。オバマ政権の既定戦略だった。アングロ-フランスの賭けであったが、結果は上首尾に行った。
2.紛争アラブ圏各地からシリアに`応援`に出向くグループを除いて、欧米に移民したアラブ系2世3世の若者がヴォランティアとして反政府側に参加している。失業中ですることも無く、軍事体験ゼロの連中。例えば蘭国からおよそ500名が現地にいるそうだ。戦闘訓練無し20代青年が食料も十分でないグループに何とか入れてもらう…、素人だから標的になりやすく、負傷者が多い。初の`戦死`も伝えられている。
3.日本国のシリア姿勢について不明。
4.アラブリーグに加えアフリカやEUから選抜的に構成されている。アラブリーグはアラブ諸国殆どが参加するアラブ権益グループ。既にシリア現政権を一時的に棚上げしている。
5. アラブの春に限らず、こうした紛争当事者と難民とは常に(当然だが金切り声を上げて)欧米/国連に救助を訴える。助けを求める側と助けを差し伸べる側とは追いつ追われつの関係になる。需要と供給の経済法則で捉えられる… 

     

Uprising 抗議デモ/アラブの春

フェイスブック/ツイッター/ユーチューブ:ソーシャルメディア抜きで戦争はあり得ない

       アスマ・アル・アッサド。最下部`蛇足`参照 
     Asma.jpg

戦争が様変わりした。イラク戦の時、インベッドと言われる米軍提供の便宜によって、戦場を突っ走る戦車からの映像がライブで茶の間に伝えられた。

ブッシュと言うドイツ苗字の親子がイラクに関わる二つの近代戦争を主催した。ペルシャ湾に浮かぶキャリヤー(空母)から戦闘機が飛び立ち、戦艦から噴煙をだし巡航してゆくトマホーク・ミサイルを、あたかも戦争映画のように居間のテレビで見ることが出来る。テレビ画面だから`ホンマモン`戦争の迫力に欠けるような気がした。そうした映像は戦争報道の革命だった。連合国総司令部の記者発表は大画面に細部の作戦地図やピンポイント爆撃の命中瞬間を映すプレゼンテーションだった。


アレッポはシリア最大人口の商都。6年ほど前?地震によって東北大震災を上回る3万余犠牲者がアレッポに出た。私は初めてこの大都市の存在を知った。3万生命が一挙に失われる地震への備えが殆どなかったと言われる。同時にアレッポ市街の密集都市ぶりを想像した。一角が政府軍空爆で破壊され、自宅からわずかの所有物を持ち出す住民。
      121204 syria_insurg BBC 3
Jihad Makdissi ジーハドと言うイスラム教えの語彙を名前にもっているシリア外務省スポークスマン・マキディシ。自由を求めるデモから既に1年以上経過した頃、政権テレビの顔として登場した。人気ある女性コメンテーターがフランスに脱走した後を継いだ。整然と確信に満ちたポーズで、いかに自由シリア軍がテロリストかを説明できる。Bashar al-Assadの政権正当性を海外メディアにむけてアッピールする重要職だ。スマートさに私は感心した。

戦時のプロパガンダをしないレジームは無い。前任者の女性もアサド政権の`顔`として、毎日のテロ攻撃を優しく伝えた。亡命後に彼女は嘘に満ちた側にもはや立つことができなかったと幾つかのメディアで告白している。テロリスト反政権の仕業と彼女が伝える惨事が、しばしばシリア政府軍による市街破壊(同胞殺戮)謀略だったこと。

シリアの顔・ジーハドが先月末から消息不明。彼のツイッター最後の書き込みは25日、私も確認できた。家族を逃がしたので単に脱走したか? あるいはFSAまたはUKやUSとの接触による政権離脱だろうか? 両国いずれかで教育を受けた筈だから、どちらかへ亡命したと思われる。


ジャナーリストは、しかし、インベッドと言われるUSアーミー提供の前線廻りやその発表内容をリレーするにすぎない。戦争の片側に貼りついた報道だから、片手落ちと言うか、US将軍たちの報道管制と言える。ヴェトナム戦争の自由報道で散々叩かれた苦い経験がジャーナリスト接待になったのだ。このインベッド方式戦争は今や語り草の過去になった。出来あい`官制`茶の間中継と言う革命は一時的革命にすぎなかった。

衛星を通じるポータブル超薄情報器機が個人によって用いられるようになったのは数年前。チジニアに於ける若者の焼身抗議自殺を契機にする民衆蜂起がアラブの春を導いた。隣国エジプトに飛び火、活動家達すべてが携帯機器を駆使して、抗議戦線を主導していく。発生する事象情報と画像とが世界に直ぐに伝わる。既成の報道大手がこれらを取り入れ、言わば総体として事件全体にからんでいくような現象…。

リビア紛争に於いて、ヴォランタリー兵士による画像とソーシャルネットワーク書き込みが戦闘推移に影響するようになる。戦争なまの姿を現場にいる誰もが世界に紹介できる。未確認情報も偽の謀略もありうる。しかし現実はそれを超えて動く。アル・アサド政権は初めから、ソーシャルネットワーク対策を取り、出来る限りの謀略情報をインタネットに流す。サイバー戦争の現実化だ。

カタール首都ドーハでちりちりばらばらの反政府グループの統合が実現。パリで発足トルコで活動したシリア民族協議会のメンバーは祖国を離れた長期亡命者たち。現地戦場の指導者と噛み合わなかった。しかし状況は進展、ドーハで一本化した組織幹部たちが仏英を訪れ、EU/USバックアップを得る。トルコやカタールなどから対飛行機射砲のような高度で強力な武器供給がスムーズに動き始める。個々の小さな戦闘グループに携帯情報機器が支給され、FSA全体の動きが効率化。緩急自在な迅速なゲリラ作戦を始めている。


下はシリア戦況分析地図。BBCがUSワシントン市のシンクタンク戦争研究所(ISW)の最新分析レポートから拝借加工したもの。ソーシャルメディほか様々な出所情報があふれ、まとまった信頼すべき流動的戦況をとらえるのは難しい。だからこのレポートは趨勢理解に重宝。
121204 syria_insurg BBC 1 Klein
広大な砂漠の国土すべてを管理コントロールするのはアサド政府にとって最早不可能になっていることがわかる。東部や西部の空軍基地に出没する反政府軍(FSA)が占領声明する例が増えた。政府軍は空爆を行う施設をそのままにしておけない。奪回作戦がとられる。するとFSAは反撃せずに引き下がる。戦闘要員/武器の消耗を防ぐためだ。典型的ゲリラ手法である。滑走路を奪回した政府軍部隊への補給が出来辛い場所だから、政府軍の維持は長続きしない。こうして広い国土殆どはFSAの自由活動域になっている。対するレジームは点と線を辛うじて支配区にしているように見える。


それがISWのレポートに反映している。これとジーハド・マキディシ消息不明がリンクしていると思われる。彼は欧米生活経験者で、その達者な英語をいかし祖国レジームの高官への道を歩いていた筈。ドーハ会議と、昨日行われたトルコとロシアの経済案件の調印式、これらを俯瞰すると大よその見当がつく。彼はバッシャー・アル・アサドの終末を読み、十分な準備をしていたのだろう。プーチンのアンカラ訪問とその共同声明の結果を恐れ、姿を消したのでは。

FSAの新しい武器による政府戦闘機の追撃や空軍基地の占領の画像だけでなく、ダマスカス市内・ヨルダン国境付近からの女性たちの解説付きの画像が見られるようになった。つまり、反政府の女性活動家がアサドの足元で動いていること。ここでも`戦争(内戦)の様変わり`を感じることができる。

戦争研究所レポートを露西亜外務省が検討解析、トルコとの外交折衝に織り込んだと考えても良いだろう。恐らく既に一週ほど前に、USに於いてシリア政権崩壊の時間読みがあった。数ヵ月以内から、一月以内…。
ひょっとすると、元シリアレジーム・スポークスマンは詰めのアサド情報をオバマ政権に伝えている可能性がある。追い詰められた政権の化学薬品武器使用を、あらためてオバマが警告を発した所以である。ナトーのボス・ラスムッセンが直ぐにこれをオーム返しに先ほど発表して、追い詰められたアサドに冷静を呼びかけている。

経緯が掌に写って見えるような気がする。情報機器≒危機技術が戦争を様変わりさせた結果と言わねばならない。中近東に特派員を派遣していない日本大手紙が欧米紙記事を映している間に、事態は次に移っている。日経記事はFT翻訳/引用が目立つから、やはり同じような時間差が出る例が多い。

数か月以内のシリア崩壊予想は、これまでの多くの西側紙予想と同じで当たらないかもしれない。そんな感じになると露支二つの外相/スポークスマン発表が口をそろえてシリアを支えたので、予想は的外れになった。しかしあっちやこっちの最近の傾向と対策を眺めると、とどのつまりアサド交代劇が起こる。今度は本当になるような気がする。

蛇足を書こう。ロンドンで学生時代を遊んだアサドと共に過ごした上さん・アスマは何処にいるのだろう。大統領夫人つまりファーストレーディーである。デモ圧殺が起きた20ヶ月前。彼女はパリで家具調度品の買い物をしていた。両親シリア人。母親;元外交官、父親;元心臓外科医師と言うより、シリア-ブリテン・コネクションのアドヴァイザー。紛争勃発後、娘婿に盛んに助言を行う。独裁者支持ゆえに沈黙しているが…。娘は令嬢として育ち、しばしばヴォーグネタになっている。UK育ちでUK国籍を持った人だが、既にその国籍も資産も剥奪され、欧州全域で入国禁止されている。あるいはサウディアラビア滞在かも。石油王様大国は二枚舌使い、民主化を支援しつつ独裁者/家族を受け入れ保護している。そこに独裁者/その身内/高官の妻たち…、わずか数年に過ぎないのに、かなりの数になる。



Uprising 抗議デモ/アラブの春

パレスティナ vs シオンの丘に帰ったユダヤ人  

ガーサ域からイスラエルに向かう`ファジャ5`。20日火曜日までに1000発余を消費。そろそろ備蓄が尽きるのでは…。通常武器および無人攻撃ドローンの供給先はイラン・ソ連邦の他に支那を含むと言われる。対空防御`鉄のドーム`に撃墜されたドローンに支那製造が見つかれば報告されよう。とは言え今年、公開された支那陸軍ドローンの外観はオモチャに見えた。張りぼて模型で、何とか天安門ショーに間に合ったと言う印象。次回に増しな体裁になるだろう。
Clinton-nego 02

HクリントンUS国務相がビルマ-カンボジア訪問を中断。彼女は機中でイスラエル首相ネタニヤフやエジプトのモルシ等と会談したらしい。同時に国連ボスのバン・キ・ムーンはカイロに飛んだ。こうしてガーサ筋からも明日にも(一時的)戦闘中止が実現すると伝わっている。ヒラリーさんは直截にエルサレムに行き、懇意のネタニヤフと並んで「暫定から長期間になるように」と記者会見。

アラブ諸国の怒りの映像(Facebook/YouTubeなど)が飛び交い、モルシ旦那すら柔和なバン・キ・ムーン氏とクリントンおばさんに「ガーサを見殺しにせぬ」と強気にでたそうだ。暫定的砲撃中止になるなら、ハマス拠点おおかたを破壊したイスラエルにとってやや長い休息期間に持ち込める。イスラエル主要都市を襲うハマス火力はすべての国民生活をストップさせる。空襲警報がひねもす鳴るから、仕事も学校もない。65%以上のユダヤ国民が従ってガーサ侵攻を支持していると言われる。
VRTルディ-・フランクスが実況中継で語る;ハマスは新たな武器備蓄期間を得られる。カオス状態の市街が片付けられ、行き場のない怒号と悲しみの市民の情念が漂い続ける…


フラーンデレン古都のアントヴェルペンの日本通称は英語彙由来のアントワープ。この鉄道玄関駅は緑っぽい印象の格調ある歴史建築だ。内部は幾層にもなるプラットフォームとモダンで広い商店街だ(マア便利になっているかな…)。北部ベルギーの華と言って良い。この華は駅周りの風景からもうかがえる。

黒いハットをかぶり黒いスーツ、色白痩せた表情に長い髭を蓄えた人々が行き来する。特に朝夕の通学時に子供を送り迎えする姿が目立つ。アントヴェルペンは伝統的生活と宗教を守る敬虔なユダヤ人の街である。彼らの多くはダイアモンドと関わる。5世紀に渡る喜怒哀楽の歴史があるそうだ[補足1]。

絶えず受ける迫害に耐え、理由なく時に追っぱらわれる。何時でも財産と共に逃げ出せるように、小粒なダイアモンドは便利である。生存手段としてダイアモンド商いと研磨産業に自然に集中していった放浪の民族…。

VTR(フラームス・テレビ・ラジオ)の第1局Een(エエン)の18日22時15分から15分間の最終ニュース。
彼女ハンネ・デコウテレは9月からの新顔で、この時間のみを担当。ベルギーのアラブ蜂起報道はルディ・フランクス(rudi vranckx)に代表される。携帯サテライト送受信機持ちカメラマンと組み、こまめに現地に入る。すべての紛争地域に出向き守備範囲は広い。昨日はガーサの現場から様子を伝えている。
GAZA Crisis Cor 04
昨日の戦闘中止の話し合いの一つ。右;パレスティナ自治政府大統領アッバス(Mahmoud Abbas)、過激ハマスに対し穏健である。 中;仏蘭西外相ローラン-ファビウス(大統領オランデの社会党ヴェテラン、元首相)


パレスティナは何処か? どんな人々か? 知人の娘さんによると、イスラム教を信じて中近東のある範囲に昔から住んでいる人々らしい。一つの民族と言うよりも砂漠の部族の集まりかもしれない。ここに20世紀以前、君主国家は存在していなかった。アラブの全ての王様国家群は欧州列強の権益による線引きの結果に作られた[補足2]。

ビルマに6時間滞在したバラック・オバワとヒラリークリントン一行。`時の人`アウンサンスーチーと共にメディアに顔見世。ミャンマー議会の野党党首との会談だが、あたかも彼女は大統領のよう見える。ビルマ民主化US全面協力のお祭り的パフォーマンスに過ぎない。だが、全てのサテライト局と各国主要テレビ局で紹介され、オバマチームの重要プログラムだった。
Gaza 12
上と前後してオバマはハマス攻撃へのイスラエル対応を支持する演説を行う。並行してUKウィリアム・ヘイグと仏ファビウスの両外相が同趣旨の談話を発表。6日前に始まったハマス砲撃に対するナトー各国の外交姿勢は一致しているわけ。一方で犠牲者の救助や救護物資をパレスティナ政府に支援することも表明。1.巻き添えをになる一般市民を最小限に留めること。2.犠牲者が収容される病院への最大限の支援、以上2点を常にイスラエル自身が宣言している。これを欠いてイスラエルは同盟諸国家の支持を得られない。言わば`戦争と平和`が同居しているわけ。ヴェトナム戦争以後の``戦争と言えども非人権行為を問う``非論理現象である


20世紀初め、つまり日露戦争の頃。パレスティナの範囲はトルコ以南からアラビア半島北端まで、東端はイラク/イラン、西端は地中海。現在の国で言えば、シリア・レバノン・ヨルダン・イスラエルを含む地域。イスラエルの東部にウエストバンク(土手上の高み)、南西に飛び地ガーサがあり、この二つがパレスティナ自治政府の国土である[補足3]

パレスティナ国家とは細長い現在のイスラエル域に住みながら排除されたイスラム教を信じる人々(=ムスリム)が作った国家と言えよう。1948年のイスラエル建国に対し、半世紀の艱難辛苦を経て1998年にガーサとウェストバンクからなる国家を歌い上げたように[補足4]、私には思われる。何れの地域からも多くのムスリムがイスラエルに職を得た/得ている。穏健なムスリムと多くのユダヤ市民は、互いに仲睦まじく共存するのが願いであるのだが…。

Gaza=パレスティナ居住地の被害ぶり。イスラエル空軍によるピンポイント爆撃だが、密集都市だからその周囲も破壊される。幼い子供たちが死傷する。成人と同じで避けられない子供の悲惨だ。紛争当時者は互いにこうしたシーンをメディアに紹介し合う。ガーサに接する南イスラエル地区の小学校付近へのハマス攻撃もイスラエルメディアによって伝えられている。
Gaza cor 12
爆弾の威力、深いクレーターが出来ている。ミス爆撃か? イスラエルの戦闘力・火力はハマスのそれを遙かに凌駕する。ハマス側は昨日だけで300発ミサイルを旗艦商都テルアヴィブなどほぼイスラエル全域に発射。殆どが対空`幕`によって破壊されたそうだ。これを`鉄のドーム`と呼んでいるようだ。優れた防御によって、イスラエル側の人命喪失はわずかにとどまっている。勝負にならない印象を受ける。


1990年代半ば、ゲリラから穏健政策に転換したヤセル・アラファトがイスラエル首相ラビンと和平協定を結ぶ。世界は狂気して、彼らにノーベル平和賞を贈った。だがこれもイスラエル軍勇み足事件によって、パレスティナ内部の過激派(現ハマス)成長を誘い、御破算に終わった。決定的乖離は1995年11月に起こったラビン首相暗殺である。

多くのイスラエル人がウェストバンクに進出、住居/生産施設からなる`村`を建設している。彼らは`コロ二スト`すなわち植民地者と呼ばれ、パレスティナ国家の存在を認めない過激シオニストだ。同時に(ネタニヤフ)保守党の支持者も多い。和平協定締結時にうまれた暫定の自治政府が、徐々に多くの国家に承認されてゆく。その彼らの主張と国連協定によれば、コロニストの入植は約束違反である。新家屋は政府によって撤去されるが、コロニストはへこたれない。奇妙なパターンの繰り返しである。

ガーサ人口は150万ほどと聞いた。残り300万がウエストバンク住まいと言うこと。ガーサのハマス警察や主要自治政府施設が爆撃を受け破壊されている。
Gaza cor 11
現首相ハーニアは歴戦の対イスラエル戦士。90年代イスラエル市街を襲った数多くの自殺テロ指導でキャリアーを作った人らしい。彼を消すこと(殺害)はイスラエルの一つの目的。彼の片腕か、ある重要メンバーは家族子供を乗せて移動(退避)中に、精密砲撃によって車と共に全員吹き飛ばされた


Zionと一般ローマ字表記の山がエルサレム市街にある。この山に帰ろうと言う精神的運動が19世紀末に始まり、やはり半世紀の紆余曲折の後に、2次大戦後に国連手続きを経て奇跡的に人工孵化した。この運動を始めた人物が建国の父と言われる。地球上あらゆる場所からユダヤの人々が殆ど不毛の乾燥地帯に`帰還`し始めるのである。

東欧イディッシュ言語や露語、スペイン語にアフリカ言語を話す多岐多様な人々が、20世紀におよぶ空白時間を置いて、パレスティナの地に帰る。独蘭でホロコーストを生き延びた知識人も帰って行った。恐るべき事業に思われ、海水を真っ二つに割る奇跡に近い。モーゼはそうしてエジプト脱出の同胞を故郷へ導いたのである。

昨日今日の紛争勃発の構図は、住み続けていたパレスティナ人versus(vs)帰ってきたユダヤ人である。もしもシオニズムが起こらなかったならば、モーゼの民は散らばったまま夢にさまよい、パレスティナは別の戦いや困難に浸かっていただろう。とわに解決できないか…。私は、平和は来ると思う。時間区切りで乱暴に推理すると、なお半世紀を待たねばならない。今世紀末に、もつれもつれ紛争の象徴的過去事例として語られよう。

[補足];
1.35年前、知り合いになった人の名はアイサ。のち親しくなって、共通の友人からその名前はユダヤ由来だと聞いた。彼の亡父の職業からユダヤ(系)と分り納得した。USユダヤ社会を見よ。欧州から逃れ、真面目ながら`豊かな`人生を楽しむ人が多い。僕もそうだよ。喜びも怒りも悲しみも…、楽しみと共にある。左様な単純極まることを、なるほどと無知な私は教わった。
ダイアモンドと言う苗字はきっとユダヤ系だろう。原石を研磨して初めて、輝く`愛`のシンボルになる。南アフリカ鉱脈発見(16世紀末から17世紀初頭らしい)以前の原石はインド産。アントヴェルペンとインド原石との絡みは別に譲るが、近代になりダイアモンドの街としてフランクフルトとアムステルダムも知られる。これは1648年の欧州再編を契機にする。30年と80年の両戦争で大地も人心も慌廃した。平和が渇望され、諸国はミュンスターとオズナブリュックに集まり、幾多の約束をした。これがアントヴェルペンのダイアモンド産業の衰退になり、上記2都市への`疎開と分散`に繋がった。19世紀工業革命でダイアモンドの工業用途が開発され拡大した。研磨技術の進歩と`近代グローバリゼーション`によってアントヴェルペンに再びダイアモンド産業の栄光が蘇る。

2.例えば当時のパレスティナは、レバノン東に広がる後背地はアレッポ地区、ダマスカス後背地はダマスカス区、無論イスラエルもシリア共和国も存在しなかった。線引き役者は大英帝国。

3、正式国家声明は14年前。アラファト・ラビンコンビによる平和気分は東欧共産主義崩壊のあと、小国家の独立が相次いだ時に重なる。平和への試みはジーハー(Jihadism)を唱えるタリバン・アルカイダ・ヘズボラなど多くの過激武装グループの台頭やテロ活動(ナイン・イレブン)により、いっそう困難になっている。モルシエジプト大統領は(英語彙Brotherhoodの)ムスリムを支持基盤にする。イスラム原理主義に相応すると思われる組織だから、言うまでもなくガーサ・ハマスを全面支持する。将来欧米にとって厄介な事態になり得るかも知れない。

4.歌い上げた;アラブ諸国は正式に国家として認めているだろう。日本を含め`西側は`現に存在する地域勢力をそのまま受け入れているが、国家として正式な外交関係を持たない。言わば、闇で存在していることになる。ハマスはヘズボラやアルカイダと並ぶテロ組織と認識されている筈。

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る
タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。