ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Uprising 抗議デモ/アラブの春

Ukraine is on fire caused by Russian interests ウクライナは燃えている


ウクライナの女たち 前/後篇 Women of Ukraine as References
http://zasshizassozatsujin.blog.fc2.com/blog-entry-315.html
2013. 05. 07 ↑ Vemen : PartⅠ
http://zasshizassozatsujin.blog.fc2.com/blog-entry-316.html
2013. 05. 12 ↑ Vemen : PartⅡ
 
Ukraina on Fire 02

Kiev's Independence Square (Maidan Nezalezhnosti). not any more protest demonstration but looks like Partisan War or Civil war.

Ukraina on Fire 05
We can associate this pictures with Tahrir Square in Cairo where the Egypt revolution in 2011 took place against dictator Mubarak. or just the Occupy movement in Europa and US.
Ukraina in Fire 01
photo avov; conventional support area / photo; Uproar spread across the country

Christmas Tree with a victim (dead person) at the top. Five people died by hard crackdown, , several hundred people have been hospitalized. The Christmas tree, decorated with posters of former Prime Minister Yulia Tymoshenko, has now become the symbol of the rebellion.
Ukraina on Fire 06
A young family who are activists as the friends of Europe. Those Opponent / demonstrators are regarded as "extremists and terrorists by president Yanukovich, He takes pro-Russin policy and made new laws to forbid protest. All opposite people who get financial support from outside (EU/US etct..) will be found as spy or nation's traitor. She tells ;must stop her activities.
Ukraina on Fire 03
Under: This is Vitali Klitschko. Leader of Udar Party. More radical group occupied buildings of Ukraine Justice Ministry. But it was brief occupation because fellow opposition groups accused them of peace negotiations.

Ukraina on Fire 04
Daughter is telling the prison situation of her mother,Yulia Tymoshenko.

New Security Control Law seems to create paradoxical effect. Yanukovych may compromise with even weak opposition. The situation is really complicated as if the country is separated with EU and Russia.

'Dictator' Putin plays herewith big role. Interests of Russia is to hold Ukraine as a kind of subordinate country. You can understand the same context why Russia has to hold Syria of Asad. Russia should not lose a foothold in the Middle East.


In a sea of ​​blood, 'Dictator President' Bashar Assad clamped down demonstration of the democratization that took place three years ago almost. Since then, Russia has continued to secretly supply weapons and ammunition with military advisers. If Moskow/Poetin would have given no support to Damascus/Assad, his regime would have corrupted soon after the period when many hight ranked Syrians in de regime deserted.

To say quickly and easily, the interests of Russia means to hold the naval port of Russia 'Tartus' in Syrian west coast, at the same time to keep military merchandise exports. Why Asad made up such big amy is paralleld with Russian traditional Expansion plincple.

In course of domestic war in Syria there was enough time so that many military groups have joined and fighting each others. You know all happening has brought hundred thousands of death and millions of refugees.
In Geneva it is now running Syria Peace Talk. On the other hand Ukraine is on fire. It's all about Howl of Russian bear.


関連記事
スポンサーサイト

Sport スポーツ/ホビー

Women's Singles-Final :: Will the 160cm Slovakia girl get the victory?

DSC_0501.jpg

Dominika is examining whether her ball has fallen inside of the line or on the line. This match was Agnieszka Radwanska (Poland. seed no.5) vs Dominika Cibulkova (Slovakia. no.20).
Because a line judge declared 'out'. In fact it is almost impossible to find the trace of the ball. On a synthetic hard court.anything such trace would be hardly left. You can read, however, her serious examination on her face. How deep her mind concerns with the match!

Radwanska was allowed to get only 3 games. 1:6 and 2:6. The game was one sided like ''a child vs a adult''. It seemed as if Dominika ware re-born.

Ciburkova o3
The women's final takes place soon on saturday 25 after 07:30 pm (Melbourne time) 09:30 am (Amsterdam time).

The oponent of Dominika is Na Li from China who lost twice final of Australian Open.
Seed no,1,Willams, no,2,Azarenka and no,3 Sharapova all have gone. No.4 Na Li is now the fovorite of the Victory of this Grand Slam. On third round she would have lost against Lucie Safarova. Li barely survived from the Czech. After surviving the Chinese has proceed to win easily.

As I observed Dominika's matches so far, It is quite great chance for her to win.
Powerful stabillity ground stroke, clever dropshot and footwork. More over her spirit and passion! When you consider those aspects for two finalists at this moment, I would like to say that Dominika has much beter than Na Li.

I'm curious what is going on.

関連記事

Politics and economics 政治/経済

World-madness against the dolphins hunt in Taiji [Ⅰ] 太地町イルカ漁への世界の狂気

http://goo.gl/maps/dgNIY
1. Why she doesn't eat horse-meat because the animal is nearest to human. Unfortunately she tastes beefsteak very well. Hilariously bullshit!

2. Why she dones't eat whale-meat because of the animal’s intelligence, Unfortunately she is fond of real Nigiri-zushi. God bless her!

These two comments are sent to the Tweet-network by me. People who follow Zen philosophy consume no Living matter. They don't eat any thing from animals such as eggs and dairy products, in addtion honey and locusts too.This category people is called Vegan but not 'Zen-gan'. Anglo-American veganism was just born after WW2, thus there is nothing to do with Zen.


Tajiji col 03
those pctures taken by different reporters in deffernt organizations. Also by someone of the Sea Shepherd, which is established by Paul Watson.It is a typical 'Environmental Protest Industry'. Shortly to say, it's a business.

Japanese fishermen finish controversial Taiji dolphin hunt
Activists on Sea Shepherd claim biggest hunt for years killed around 40 of the 250 trapped dolphins with another 50 sold on to aquariums

Above ; Heading of an artcle on 21 January the Guardian. You read a word '''contraversial' , Not at all. It is made by 'Enviaonmental Protest Industry' which earns money by 'protset action' and 'spreading such word'.
Hereunder my comment contribution for the Gurdian, concerned with the above report.


Is it the holocaust or barbarism?
What about the catching fish by fishermen in UK?
You don’t see much red blood, but all fishes are really dying. you don’t see it happening.

Because those fishes should be consumed by British folk, you don’t care such ‘genocide’. Reason is perhaps simple that fishes are no intelligent, but dolphins are highly intelligent. You may kill nameless fishes but not lovely-look dolphins.
Is this your logic or moral? Is this the theme of this reporter Justin McCurry?

Natural resources like sea living species (fish and whale) should be efficiently reserved. On the other hand it means also that they may be efficiently used as consumption by us. Otherwise the Sea nature would lose good balance.

The Sea Shepherd needs this kind of scene↓for publication on world media in order to get sympathy like 'Japanese are killing intelligent animals wahales and dorphins, be ashamed!''
Taiji by Sea Schepherd 04

Are Caroline Kennedy and Yoko Ono vegetarian or vegan? Those “celebrities” are nothing to do with hard working Taiji folk. These women might used to enjoy rich dinner with beef/cow or pork/pig breeded by hormone giving program and slaughtered by Mega food industry.

Except vegetarian/vegan you all eat meat as daily food. Exact such people write here quite emotional and illogical opinions. For example ; '' this should shame the people of Japan''. You (Britain) all are really hilarious aren't you!

These pictures are immediately and widely spread in Anglo-Americans newspapers. Photographers are shooting from the mountain overlooking the Taiji bay.
Taiji 06
. Camera-stuff belongs to the Sea Schepherd. The distribution destination of these photographs have been arranged already. All such operation of the Sea-Schepherd is a tactics to avoid arrest.


You should ponder hunting history of human kind. It is true that animals were intelligent. But they were 'fortunately' 'murdered' by human, mostly with a beautiful deep red blood.
Most of comment’s writers here would have no experience to live along outland coast, where the living has been severe wildly and hard. Nobody has right to blame Taijji folk who hunts dolphins which are more than enough as resources.

Who should be ashamed is simple moralist, Anglo-American opportunist, as if they were innocents angel.
関連記事

Politics and economics 政治/経済

Germany's first ever woman defence minister ドイツ初めての女性防衛大臣

先の12月半ば、三次メルケル組閣がなった。産みの苦しみは三ヶ月、所謂"GroKo"と言われる中道右派と左派の大連立。語彙Große Koalitiontとは、CDU+CSUの右とSPDの左とが揺り籠を共有すること。一次メルケル内閣もグロコだった。一次と三次の幾つか共通項がある。今回の組閣に、しかし、大トピックがある。

Ursula-von-der-Leyen- col 2

メルケルと並ぶのが時の人。55才、7人の子供の母親。二次内閣で労働相を勤め、今回'西側'諸国で珍しい防衛大臣に抜擢された。Ursula von der Leyenと言う人。昔風に言えば、陸軍/海軍大臣である。この職は常に男に属してきた。一躍、古風な独女性名ウ(ル)ズラと、苗字フォン・デル・ラインと言う組み合わせが欧州の脚光を浴びる。

Urzla 09
左の女性;Jeanine Antoinette Hennis-Plasschaert。
前二つは名前、後ふたつはそれぞれ亭主と本来の苗字。蘭における結婚女性が名乗る標準形。

欧州に於ける女性防衛大臣の嚆矢は、ルッテ二次組閣でオランダで誕生している。自由民主国民党(VVD)のジャニー・アントワネット-ヘニス-プラスサエート(40才)。欧州議会議員を歴任、2010年から党の選挙順位4番を占め、2012年11月選挙勝利後に入閣。男の職についた初女性として話題になった。冷戦崩壊後22年を経た'平和'な時代の現象か…。現職一年を経過、制服組からの評価は厳しい。'いてもいなくても変わらぬ'、'支離滅裂な方針'など。女性らしいリーダーシップがもう一つ馴染まれないのかもしれない。[補註1]

フォン・デル・ライン家族。子供七人は現代では珍しい。戦後すぐまで敬虔なカトリック地域で、毎年のように子供が生まれるのはふつうだった。赤子誕生を聞かなくなった親戚や知人が「どうしたの?」と心配するのが不思議でなかった。10名前後の兄弟姉妹を持つ60才以上の人々はザラに居る。長女/長男、年長組が幼い兄弟姉妹の母親/父親役を果たすのだそうだ。15人が私の知る記録。
Ursula-von-der-Leyen- col 1
防衛大臣就任後の女性軍人を交えた現場訪問。女性のディフェンス・アーミーへの就職はもはや常識。ドイツ連邦軍は各地の紛争地域に平和部隊を派遣している。ハイテック装備の開発は伝統技術を持つ軍事産業によって欧州の先端を走る。無人偵察/攻撃機ドイツ・ドローンは既に実戦配備されているそうだ。通常型潜水艦鑑は極東市場(共産中国)に市場を見出している。


アンゲラ・メルケルは東独出身で、ヘルムート・コールに可愛がられた。CDUで徐々に頭角を表し、過去を含めドイツ政治史上の初女性宰相である。SPDとの大連立に辟易したアンゲラ女史は二次内閣を小さな自由党(FDP)との連立でなんとか任期をこなし終えた。しかし2012年の定時選挙の際、自由党は議会資格権投票率5%を割った。アンゲラさんの妥当な選択肢は"GroKo"になった。SPD党首ジグマル・ガブリエルが大連立OKの党内コンセンサス(76%)をまとめ、彼とメルケル女史との相性もよい[補註2]。SPD選挙公約・最低賃金法をCDUが呑んだ時点で、事実上の合意が成立していた。

内政の労働大臣であった人を'外政'になる防衛大臣に'出世'登用した理由を、メルケル首相は「社会政策への関心を別にして、彼女は国際関係に深い興味を抱いてきた」と説明している。過去四年に渡る閣議の経験と個人的関係からの短い説明だ。宰相が女性ゆえに同性の閣僚かつ党友は、好むと好まざるを得ず、信頼できる腹心としての役割を担うことになる。この点がふつう男性宰相と異なる。

Comparison of military spending in the world in 2013
9904cd1d1e85557b435b7de8b31bd543.jpg
「1から6番までの軍事支出」。様々な統計があり、民間組織の各国別またはその国際比較の資料は、それぞれの扱い/読み方によって、すべてが異なると言って良い。これはその内の一つで2013年資料。支那の軍事予算はこれよりはるかに実質的に多い筈。一般に支那統計数字をそのまま信頼してはならない。ほぼ並ぶUK/Japan/Fransとともに=Germany、すなわちドイツも同レヴェル。大方に理解される数字だろう。

彼女は二次の組閣に於いて、バーデン・ビュルテンベルク(Baden-Württemberg)州政府教育省から連邦政府選挙に出たアンネッテ・シャーヴァン(Annette Schavan 58才)を文化・科学相に起用。アネッテは州政府時代、イスラム被り物ご法度方針で全国的知名を得たキリスト教民主同盟CDUの宗教学の専門家。宰相と同世代のアンネッテは良き党友で、上司に忠実な相談役を果たす。権威であるかのような宗教本を上梓、日の出の勢い、女性政治家シャーヴァンの全盛だった。

博士論文は著名人出世のバネになる。このチェックをするドイツ組織がAnnette Schavanの論文盗作を解明、デュッセルドルフのハインリッヒ・ハイネ大学の激しい再審査が行われた。その結果、彼女の資格剥奪が決定された。輝かしいシャーヴァン履歴はその資格ゆえに構築されてきた。他人の業績を盗用した事実はドイツ連邦の政治文化と、本人自身にとって、Bullshit(ナンセンス=デタラメ≒スキャンダル)と言うべきだ。資格失墜後2013年2月、メルケルは形式的慰留を表明、シャーヴァンは辞職。奢るものは久しからずや!

Ursula-von-der-Leyen- 05
ウル(ズ)ラ女史の初国外出張はアフガニスタン平和駐留軍への訪問。その後、国内各地の基地巡りを精力的に行う。迎える高官たちも初女性大臣に好意を抱いているようだ。前任者トーマス・ド・マイジールが不人気だったわけではないが…。 Eiserner Kanzler(鉄の宰相)Otto von Bismarck(ビスマルク)とHelmuth Graf von Moltke (大モルトケ)コンビが体現したドイツ統一以降から、ドイツ第三帝国の時代を経てこんにちまで、ドイツ軍はBundeswehrと綴られる。プロイセン気質を核DNAにする気合の入った軍隊とみなされる。21世紀のブンデスヴェール総員数は日本と同規模の23~24万人。

ウ(ル)ズラ➖フォン・デル・ラインが阿蘭陀の同僚より、強いスポットライト浴びるのはなぜか?
シャーバン失墜後のメルケル首班を支える'同性'である点。外務・財務・防衛の各大臣は'外政'と関わり、国家の顔になる重要閣僚ポストである。ボスのアンゲラさんより四才若い。以上からウ(ル)ズラさんはCDUの二番手に上昇したと言うこと。つまりBundeskanzlerin(ブンデス・カンツレリン)=連邦首相である現職メルケルの後継者になりうる。

三次に及ぶカンツレリンが次期に踏襲されるかどうか分からぬ。カンツレルと呼ぶ男性宰相に戻る可能性がある。しかしCDUは女性党首によって、意外にも選挙に大勝した。男性党首ならば、そうは行かなかった筈。旧教神父の娘で敬虔/真面目なメルケルが女性の柔軟性を活かした点に、三次のCDU支配が可能になったのだ。いったいカンツレルの誰が、東北大震災による津波・原発事故の発生三日後に、ドイツ連邦17基原発(期限後)廃止を裁断決定できるだろうか。女性本能を抜きにして語れない政治判断…。
Ursula-von-der-Leyen- col 10_edited-1
新外務大臣はFrank-Walter Steinmeier。シュタインマイエルはゲルハルト・シュレーデルの僚友でそのSPD内閣の要'総務'、一次大連立の外相/副首相を歴任した国会ブンデスタークのヴェテラン。CDU独占を覆すSPDの対抗首相候補としては新鮮味にかける。前任者FDPのGuido Westerwelle は真面目だが不器用な人で、時々チョンボが目立ちすぎた。それ故SPDヴェテランはメルケル三次[補註3]にとって信頼/安定要素になろう。

財務省は車椅子のWolfgang Schaeubleが続投。CDU馴染みの顔、EU財務政策に与えるご意見は重みがある。ギリシャ金融危機扱いを主導したのは彼だと言って良い。CDU重鎮だが、シャウブレは最早カンツレル候補にならない。首相職とは新鮮な未来性を備えていなければならない。
Ursula-von-der-Leyen- col 11_edited-1
防衛相の前任者・CDUマイジールは今回、内相に横滑り。メルケル女史を支える忠実な党友で、二次内閣'総務'に就任。だが、まもなく起こった論文盗用スキャンダル[補註4]で辞職したグッテンベルク防衛相の後を繋いだ人。今回、フォン・デル・ラインに防衛大臣を譲る格好になった。残念だったに違いない。なぜなら党内序列を下げたとみなされるから。

”外政”閣僚たちから、こうして残るのはウズラ女史のみである。女性の優しさと柔軟性によって、もし彼女が盗作や他のスキャンダルから自由で、かつ四年後もCDU人気を彼女の魅力によって継続するならば、カンツレリン”フォン・デル・ライン”が誕生するだろう。


【補註1】;
1. 2012年9月13日の記事;選挙民の戦略的投票行動を参照されたし。
2. Sigmar Gabrie。メルケル三次内閣の副首相で、経済・エネルギー相を兼任。総選挙に至るまでの各州選挙で左派陣営勝利作戦を展開した。しかし本戦で惨敗を帰した。選挙民の判断で負けたので、組閣手続きに一切口出しせず、見守ると選挙後に声明。結果論だが、いま政治家として彼はやり時の機会を得たことになる。グッティンゲン大学出の54才。履歴に離婚両親(公務員と看護婦)と書かれるのは、当時まだ離婚が少なく目立ったせいだろう。

3. 参照→ http://en.wikipedia.org/wiki/Third_Merkel_cabinet

4. 中道右派あるいは保守の既成秩序の階段を上がるために、しばしば論文盗作が起こる。と言うか、無意識に人は過去の論文や先人の仕事を、あたかも自分の創案のようにコピーをするようだ。それが既成政党支持者に多い…ということか。CDU未来の党首と空騒ぎされた新人は、Karl-Theodor Maria Nikolaus Johann Jacob Philipp Franz Joseph Sylvester Freiherr von und zu Guttenbergと綴る長い名前を持っている。貴族家系を示すのだが、いやはや興醒めなトピックだった。
関連記事

Nostalgic Melody&Film 懐メロ&フィルム

Princess Susannah kidnapped  皇女 誘惑事件 発生

ソーシャルメディアの書き込みをそっくりコピーすると、↓このように並ぶ。これが、UK新聞に限らず欧州新聞の本紙とインタネット版に紹介されるようになったのは二年ほどまえではないか。編集されず、ふつう検閲も無いので、発生対象がどう推移しているのか、同時的に読者に伝わる。この画像を見て、反応する視聴者の書き込みが、直ちにこの画像最下部に並ぶ場合もある。双方向=Interactiveと言われる概念の具体的な一つ。視聴者参加型メディアというのだろうか。
DSC_0937.jpg
上の白抜き文字の文意;「首相の取替えは効くが、プリンセスは出来ない。だから彼女の安全帰還のために首相は要求を飲むべきだ!」何をグズグズしている、と言う感じの書き込みだ。本文後半を参照されたい。

Morning time 09;47 午前9時47分、突然のニュース。プリンセス誘惑事件が発生。ニュースキャスターの右背後にプリンセス・スサンナの顔写真。

DSC_0930.jpg

Morning time 09;48 UK王室 Beumont公[補註1]の皇女の誘惑事実を発表している。事件発生は数日前のようだ。誘惑犯から連絡があり、身柄交換条件もだされている。緊急対策会議とスコットランド・ヤードがフル回転で動いている。極秘の捜索だったが、メディアに漏れたらしい。首相は大筋を国民及び欧州一般に報告せざるを得なかったようだ。

DSC_0932.jpg

Morning time 11;02 そうこうする午前11時過ぎに、YouTube上に犯人側からのプリンセスの様子がアップロードされた。彼女は脅迫に怯え、泣きわめいている。首相はじめ重要閣僚と警察の対応が進行するのと同時に、ソーシャルメディアからどんどん成り行きが公開されてゆく。TVニュース画面にTwitterの文字が見える。事件に関する書き込みが既に溢れだしたと言うこと…。トゥイッター書き込み表示カウンターは1分間に10万。

DSC_0933.jpg

Morning time 11;03 YouTubeにアップされたヴィデオ。St. Paul's CathedralとCity金融街高層ビルらしきが見える。手前の白い橋はテームズにかかるミレニアム橋かも知れない。このTV局はおそらくUK企業であろう。画像下のキャプションがよく分からないだが、おそらくTwitterの書き込みを流しているのだろう…「こんなに脅かされ泣いているなんて、信じられない」。短い数行の投稿に、人々の素直な感想が伺えて面白い。

DSC_0934.jpg

Morning time 14;49 上のセントポール寺院のヴィデオから4時間近い後のBreaking News。普段の番組の途中に、割り込んで入るニュースをブレーキング・ニュースと言う。だが、CNNやAl jazeeraはひっきりなしに用いるので、特別臨時報道と言う緊急感を私は感じなくなった。
DSC_0936.jpg

右に皇女スサンナが婚約した時の写真を配しつつ、ニュースキャスターがややショッキングな内容を伝えている。UKNというのがこのTV局の名前らしい。ユナイティッド・キングダム・ニュースの略だろう。UKNに小包が送られてきた。中に一本の指が入っていた。犯人はプリンセスの指を切断したものと思われる。すぐ後の画面に小箱に入った切断指がクローズアップされる。彼女が泣き叫んでいたのは、切断の時だったのかもしれない。

Princess kidnapped 1
首相 Michael Callow. 顧問 Lindsay Duncan女史.
プリンセスの無事帰還のための条件を、誘惑犯人は既に緊急対策委員会に伝えている。対策本部はその内容をもちろん知っている。その情報を極秘に留めるうちに、対策本部は犯人検挙をしなければすならない。だが、誘惑犯がメディアに漏洩した。ソーシャルメディアのFacebookから具体的な条件が提示されたのである。

ふつう誘惑の無事帰還条件は現金要求である。したがってその引き渡し細部を誘惑側が漏洩することは無い。警察または家族と犯人のみで、事件は推移する。しかし今回は事情が違っていた。現金要求でないのだ。誘惑目的が全く異なるのである。さて要求を知った視聴者/国民が、なすべき今後について盛んに議論し始めたのだ。次回の選挙動向に、この事件は確実に影響するだろう。

こうして双方向(Interactivity)情報時代の新型誘惑事件が、皇女スサンナの絶叫をこだまさせながら、日数を重ねてゆく。警察情報部が犯人潜伏場所を徐々に解明しつつ在る。プリンセス囚われの場所をほぼ突き止め、重装備のタスクフォース部隊が該当ビルに接近している。

皇女交換条件は単純な内容である。首相カロウが豚とセックスする。その場面をテレビ実況せよ、と言う要求。人間が野獣と交わる物語は神話から漫画まで数多く在る。四本足家畜と内閣主班をセックスさせると言うのは誘惑犯の冗談である。しかし’冗談’をあくまでも真剣に首相個人に要求するのが、この風刺劇の味噌である。

DSC_0005.jpg
インターネット・テクノロジーを駆使する犯罪をコミック風に描くTVシリーズ。その一つがこのプリンセス誘惑である。ブレーキング・ニュース画面の本物は、上のBBCのニュース。看板ニュースリーダーのフィオナ・ブルースがシェフィールド郡の洪水を伝えている。

風刺に様々な解釈がされる。黒い冗談(BlackJoke)はブリテン特有のチクリと突き刺さり、しかし思わず笑ってしまうような意味に取れる。風刺とブラックジョークは分母を共有する語彙だろう。人と豚とのセックスをドラマ主要テーマにして、そこから派生する社会/関係者の反応あるいは影響をサブテーマにしているのかもしれない。

誘惑犯の要求がソーシャルメディアを通じて明らかになると、即時に数万/数十万のトィッターが飛び交う。首相と豚のセックスを前提にする書き込みが公然とインタラアクティブに登場する。例えば; #PMPig, #kidnap and – best of all – #pigfuckercallow are conceived with pinpoint accuracy 曰く;「豚野郎カロウは犯人検挙のため針の穴に等しい緻密な計画を考えている」。ここには隠された意味が在る。

DSC_0935.jpg
白抜きキャプション;ジェーンの心のなかの呟き[政治家にとって’気狂い’なんて無いのよ。みんな性的におかしい人種なんだから]

対策委員会の合間に寸暇の時間を見つけ帰宅した首相カロウと、事情を知る妻ジェーンとの葛藤。妻と夫たる存在は、正式にセックスを交わす配偶者故である。今、国民の信頼と皇女身柄安全を確保するために、同時に次期選挙を視野に入れた政治戦略のために、ジェーンの夫は豚と交わるかもしれない。

コミック風な風刺がありありと分かる内容である。しかし日本の茶の間に紹介されると、字幕の場合も、吹き替えの場合も翻訳者はきっと苦労する…。このエスプリを日本語の文脈に移すのは並大抵であるまい。

カロウ首相とお偉方がテレビに見いっている上の画像をもう一度見ていただきたい。中央のカロウにリンゼイ・ダンカン女史が耳打ちしている。彼女は次のように密かに伝えているのだった。"Otherwise, the public will think you are enjoying it rather too much." 曰く[さもなきゃー、豚とセックスするのをあーたがそれなりに楽しんでるんじゃない、と国民は考えるかもよ…] ガーディアンのコメント氏がこのセリフに''冴えてるなー'’と賛辞を呈している。

この劇の結びを、わたしは野暮用で見逃している。しかしおそらく次の様になったと思う。ジェーンが夫への愛を失い、政治に加え、おそらくインタラアクティブな虚構世界と決別すること/場面のように思われる。


【補註】:
1. John of Gauntはエドワード三世の息子でランカスター家初代。二人の妻を亡くしたガウントは、ずっと妾だったKatherine Swynfordを三人目の妻に迎えた。キャサリンとの子供四名が王家傍系として、 "Beaufort"姓を名乗った。ビューフォルトはガウントの大陸側フランス領地名。風刺劇Beumond公爵家はビューフォルトを参照にしている。The White Queenの中編に詳細あり。
関連記事
Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る
タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。