ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

Nature 雑草 フローラ/ファウナ

トウモロコシ畑と横文字の仮名書き



トウモロコシ畑にそろそろ実が付き大きくなる。黄金色の果実がなると、一面トウモロコシ畑が輝いて見事。同時に、畑の中にも外にも沢山の雑草が生える。セイヨウヒルガオ類が蔓を伸ばしてトウモロコシの茎に巻きつき、その根元にノハラスミレや赤いツメクサが連なり出て、傍には菊と同じ白い花のカミツレが咲きほこる。これらを穀類/野菜植相と呼ぶらしい。決して湿地帯や砂地乾燥域に育たない種類の植物たち。

良く見るとなかなか味のある雑草たちで、それらはトウモロコシ収穫と共に刈り取られ子孫形成を絶たれないために、それまでに種子作りを終えるようにする。トウモロコシ畑が綺麗に平らにされる時までに、しばしば何回も世代交代する。虫や風によって他の耕作地にも生存圏を拡大してゆく。場合によっては雑草そのものが重要な役割を演じ、その環境において主役に転じることもある。

政治的スキャンダルはトウモロコシ畑みたいなものではないか。事件の核にいっぱいの小事件がくっつく。糸が絡んでほどけないような、復雑な人間関係と相互作用が生じていく。Sean Hoare と言う人物が登場した。これは上の連想から言うと一種の雑草である。

最初に考えたのは、この綴りをどう仮名書きにするか、と言うこと。

ジーン・セバーグやジーン・シモンズ 言うハリウッドスターを覚えている方も多いだろう。短髪セシルカットで前者は、ローマの剣闘士物語スパルタカスなどで後者はそれぞれ1960年前後、日本でも知られた。SとJの違いだけで、Seanをドイツ風に仮名化するとジーンだろう。日本の方ならシーンと読んで、映画のシーン(Scene)と同じになる。

”ジェームス・ボンド”シリーズを大ヒットに導いた一つの要素はショーン・シコネリーと言う初代ボンドを演じたスコットランド人。この人、今はSir称号もらっていますから、経済と文化に尽くした功績と言うことでしょう。古臭いブリテン気質と思います…が、縁もゆかりもない庶民の口癖なのかな? それはともかくショーンがSean Hoareの読みなんです。スコットランド風と言って良いのかどうか、知りません。

何でショーンと読めるの? 同じゲルマン古語から枝分かれした独蘭語使いには分からない。もっとも現在のブリテン言の葉ほとんどはノルマン侵入以来のフランス語彙に基づき、それから10世紀経ち、古ゲルマン側からブーブー言っても仕方ありませんが…。HoareはHo+areで、ホ+アーでわれ等日本人には十分。ホアーは白いもの,霜や白髪などと、恐らく繋がりそう…。白髪の好爺だから字や苗字になったのだろう。

昨日正午ころ、メトロポリタン警察(Met)から丁重に釈放されたレベッカ女史の苗字綴りBrooks。独・蘭・伊・西・日などの読み手には仮名書きでブロークスのようになるだろう。誰かがブルックスと書いていた。促音にすべき綴りは無いので、聞き間違いか書き間違い。ブリテンあちこち方言によるといろいろに聞こえようが、大まかにブロークスとブルークスとの間と言って良い。古英語から幾つか説があるが、語源は"小川”だろう。

苗字登録の時、迷っている主が役場事務員から「何処に住んでる?」と聞かれ、「小川が流れとるがね」と答えた。ジャそれにしようと、登録された苗字であるのだ。母音oo故にRooseveltと同じ発音、仮名にするとルーズヴェルトと言う具合。このようにして国家基盤を確立する国民アイデンティティーの書類化がなされたので、何気ない小川に加えて、爆笑する苗字が欧米中に転がっている。

ところで、トゥール・ド・フランスとオートバイGPに並んでウーマン・フットボール日本優勝のニュースが終日繰り返された。一寸日本サイトを覗く。ナデシコ・ジャパンと言うんですね。何故、そう呼ぶのか知らない。ナデシコは女性形に響き、はにかむような、しとやかな印象。フットボールにそんな処女の優雅は無い…、名付け親は男か、それとも女自身の願いがこもってるのか。とまれ、おめでたい。

[記 2011-07-20]
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ