ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oh every day 日々そうそう

予備選や 紅葉集め コンポスト


アイオワの名前は知っていてもヨーロッパの一つ一つに比べると何も知らない。写真は先祖オランダ移民幾つかの村を合わせて千人のコミュニィティーを紹介する時事番組から。広大な農業州にある小粒のような地域と人々。千人なのに12の教会があり、敬虔な宗教社会で良き真面目な保守、つまり共和党支持者が多い。もはや蘭語を解せぬ子孫である老人数名の暖かい生活と、予備選に対する真面目な意見が紹介されています。

片田舎です。しかし生活は豊かなんですね。東京や長野や、、一寸知る日本のあちこちの日常に比べると、広々とした環境と、彼等の心の穏やかさや広さ、恐れ入ります。一般欧州、例えばベネルックスもせせこましくチマチマしているように感じる…。傍目から見ると、しばしば隣の芝生は美しく見えるのだと思いますが…

共和党予備選 01

5人並びの公開討論会。例えば、テキサスの知事リック・ペリー: 養子取れるのは男性一人と女性一人のカップルだけ。共和党でもニュアンスのちがいがある…。勘違いや無知が彼の話に出てきて、苦笑い、大笑い。そうして予備選で大統領共和党候補者として経験して鍛えられる。

ミシェレ

8月22日のミシェレ・バッハマンとハイ・ティー日記に偶然書いた御婦人。ミネソタ州の下院議員らしい。バッハ女史は、、まだ戦線に張り付いている。合州国広くから10名以上が名を上げているようですから、後援者からの資金をどう集めるか…。

鳴り物入りの元アラスカ州知事で共和党副大統領候補だったサラ・パリンが候補者から引きました。正式候補者が決まれば、共和党のために真剣にキャンペーンに参加するそうです。情勢をかんがみ、難しいと読んだのでしょう。ゴシップネタのスターになり、脚光浴びるのが気持良い、そんな印象を受けます。サラやミッシェレの元気な声を聞いていると、日本の総選挙でも、ややアメリカ的な華やかさが出てきているのかも、と想像だけ広げています。

葉っぱ

半時間の口腔内手術を受ける。麻酔が切れ、痛み止めで抑えます。10針以上縫っていますから、幾ら抑えてもどうしてもヒリヒリに直撃される。今夜は眠れそうにない。加えて、数日、頬が腫れる。いたたまれず、無理に木枯らしに吹かれる葉っぱを撮ってみたり…

いずれも大きい葉で、オモテ緑、ウラ白は北米出身ヤナギの徒長枝につく。普通はこの1/3くらいですが、幼木や徒長枝の場合、光を余分に取りたいのでしばしば葉がデカクなる。赤いのは紅葉で知られ、レッドオーク切り株から出た徒長なので大きい。北米の中南部から17世紀渡来と言われる。海抜無関係に中央ヨーロッパを席巻。出自の土地では"紅葉狩り"するのでしょうか。材は良いんですよ… 

葉っぱ集め

市町村の"緑"や"公地"担当部が落ち葉処理で忙しくなります。こうして道端に吹き寄せ、つぎに像の鼻のような自在パイプをゆらゆらさせながら吸い込む集葉車/トラクターの類が働く。広い道なら、ところどころに2 x 4mほどの金網の四角収納地を設けている。そうたやすく満杯になりませんが、そうならばトラックで回収、村の"コンポスト"地に運んでゆく。

Braderen schoonmaken

写真が見つかり、、こんな感じです。コンポストは堆肥作り容器。私が言う場所は市町村の樹木などの捨て場のこと。農家が家畜飼料として作る「草積み発酵場所」のようなのを想像した。年を越すと酸っぱい臭いが満ちる飼料になる。しかし村の捨て場のそれを、多分家畜に与えることはしないでしょうネ。落ち葉 の有用利用を、あるいは日本の市町村は実施しているかも…。莫大な量になりますから、作業コストに見合う何かを再生産できるとチラッと思う。

アイオワの話題なので地図を見る。すると、歌でうたわれるミシシッピー川がカナダと接する北のミネソタからメキシコ湾に臨む南のルイジアナ州まで流れている。ほぼ南→北の真っ直ぐの大河と分かりました。アイオワ州のアイオワ川はその支流。アイオワの街中や郊外を大らかにゆっくり流れている。ぎっしり落ち葉で川面が見えない秋の写真に遭遇。ならば、五七五の真似事は:
予備選や もみじ葉集め アイオワ川 が良いかなと思うベシ。字余りになりますが… 

日本は銀杏並木が多い。ケヤキ並木も多い。見事な落葉樹が揃っている。ご苦労様に存じます。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。