ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

Hacking, Spy and Battle of secuarity

トーリー/ウイッグ与党・正内閣 vs レーバー野党・影内閣



下のキャメロン曰く:
嫌疑がかりのアンディー・コウルソンを報道官スタッフしたのは今になればすべきことではなかった。だが、後知恵によって、それより先の時点での決定はできない。私の責任でチャンスを与え、私の責任で採用した。私は失敗を犯したが、そうして私は学んだのだ。裁判で罪が証明されるまで、全ての人に罪は無いのだ。(罪が確定すれば)人々は私を判断すればいい…

上のミリバンドいわく:
後知恵も何も無い。コウルソン依頼の探偵たちが逮捕され罪に服し、警察は数年にわたり彼自身を事情聴取し、ガーディアンは信憑性ある事実をあげ、何度も保守党々首に警告を与えてきた。にも拘わらず、それら全てをキャメロンは無視してだんまりを決め込んで来た。スコットランドヤード3名がミスマネージメント故に辞職したが、その原因は首相にあるのは明らか。責任を取り辞任すべきだ。

ガーディアンは公聴会結果をうけて、本日10項目の質問を首相に提示した。要点はブロークスNoWとNIとのキャリアー過程で、キャメロンが彼女とどれだけ頻繁に接触し、親密であったかと言うこと。ガーディアンはこの線から首相の犯罪を証せると読んでいるようだ。

オーストラリアのジュリア・ジラード首相がマードックグループ新聞の独占的弊害についての調査を声明した。アメリカではブリテンのウォーターゲイト・スキャンダルとする報道が出てきた。

トーリー党リーダーは大騒ぎの議会討議のなかで、党派に関らない賢人達を盗聴スキャンダル調査機関委員として公表した。警察・政府・政党から独立して機能させるそうだ。一年を目処にすると言うが、具体的に設置し動き出すのに一月はかかろう。道のりは長い。

[記 2011-07-21]
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ