ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

Oh every day 日々そうそう

クリスマス劇 キリスト教社会の伝統

クリスマス劇は日本の教会でも演じられると思います。多くの場合、6才ほどの子供たちが分かる内容。流れ星がイエルサレムの方向に流れ、3人の羊飼いの前に天使が現れ、馬小屋のマリアと生まれたばかりの赤子を祝福すると言う話。

クリスマスに至るまでの日々に、キリスト教保育園や小学校でこの伝統行事が行われる。町や村、家庭や店舗あちこちで馬小屋の様子が展示されます。これを終えるとクリスマス休暇(2週間ほど。US一般ではもっと長いとか)に入る。クリスマス・ディナーの準備やヴァカンスに旅立つ気分が溢れる。そして往く年来る年を迎える季節のクライマックスである。

Kerstspel


東方から祝いに駆けつける三人の王の物語と、悪魔の仕掛けたリンゴを食べるイヴとアダムがエデンの園から地上へ追われる劇とは10才前後の子供たちを対象にして、この時期から新年6日頃にも催されるでしょうか。ルドルフ・シュタイナー教育だけでなく、ほか幾つかの教育思想に於いても、これら3つをセットとする場合があるそうです。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ