ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oh every day 日々そうそう

雪降る小寒 花咲き草たち [移転後の書初め1月21日]

滅多にない厳冬になる。おおさむ(大寒)だ。それが昨年末の大方の予想でした。スイス/オーストリアが"東寺さん"縁日に、思わぬ大雪でチェーン装着している。と言うことは、大雪はこの時間の直ぐ前から始ったのです。この大雪のためキッツブーエル・アブファールで開催中のスキー大回転距離3,3キロmが2,2キロmに短縮された。雪は降るものの、それほど寒さに震えている様子はご覧のように、ないですね。

きっと、稀な厳冬はこれから来るのでしょう。アルペン高山界隈の人々はこんな程度の雪になれていますから、別に取り立てて言うほどでない筈。過去数週、やはり"こさむ(小寒)"が続いてきたようです。ただし、そんなに気温が下がらなくても、雪が降り続き雪崩の恐れがあるので、通行止め休暇地はあちこち出ている。

Switherland Mid Jan, 01

山岳地帯から遠い東の低地域はたまに雪がちらつく。まだ積もることはなく、おびえるような寒さにも出あっていない。スコットランドの山岳地をハイランドと呼び、それと呼応しているわけでありませんが、独ネーデルザクセン州(英語でロウアー・サクソニーなどと書く土地)からベネルックスを経てフランス東海岸地帯をロウランドと言うことができますね。上空で雪であってもロウランドに達すると水になるんでしょうかね? ロウランドと聞くと、あまり雪と縁がない感じがしますね。

立憲君主国オランダを意味する仏Pays-Bas(ペイ・バ)=伊Paesi Bassi(パエシ・バーシ)=独Niederlande(ニーデルランデ)などと、因みに並べてみると字義はそのまま"低い土地"即ちlowlandになります。殆ど山のないオランダが低い土地を代表して正式国家名に採用しているわけ。正直と言うか納得できます。雪と絡めて、もしアザナを付けるならば No-snowland…。

まず競技スキーと無縁なロウランドながら、ベルギー東部にユニークなアルデネ山域があり、時々スキーを履いて山地や野原を滑り歩けるほど積もることはあるようです。鉄を産出した近代工業化のシンボルのようなフランス語圏ワロニアに属する一帯です。独逸第三帝国と連合軍が押し引きした凄惨な戦場地にもなり、1916~18年の冬は相当な雪が降ったと思います。

アルデネArdene はベルギーのワロニア域で呼ぶ単数名称ですが、西に下ったフラーンダレン域でもほぼ同じに聞こえます。ところがアルデンネ南端はフランス領と言うことがあり、純粋フランス複数Ardennes表記をしながら、語尾消えのためアルデンと聞こえる。この山中に数度行きましたがいつもチンプンカンプンです。余談にルクセンブルグの半分くらいはこの山域の感じですから、ルクセンブルグ語は複雑きわまるケッタイな言葉になるのが自然に理解できますね。

Lamium ヒメ踊子草Mid Janu_edited-1

アルデネに東寺さんの今日、万が一、小雪がちらついた可能性があります。でも多分、しとしと雨が続き、昼間の最高5℃、夜に零下3℃と言う感じですから、踊子草や野菊の仲間が出ていると思います。画像ヒメオドリコソウ右上は葉の成長中、右下では葉が出来上がっている。シソ科に並んでノボロギクやノゲシ類のキク科の連中がこの1月に平気で顔を出すんですね。左画像:キノコに越冬型があるのだろうか? 睦月下旬のキノコ景色は枯葉に混ざって潜むのが大抵だが、木登りするのがある。

蛇足:手探りしつつ引越完了。新しい所で勝手が分かりません。こちらは前提供者よりグーンとプロのようです。テンプレートのカスタマナイズなど色々出きるようですね。少しずつ習って行くつもり。前回の時間順に従う日付けが全て、引越し申し込み手続日の1月12日になっています。それはおいおい補筆するとして、本文+画像の総容量は前の50倍以上ある感じがします。アドバタイジングも少なく、しばらく落ち着けることができそうです。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。