ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sport スポーツ/ホビー

おおさむ(≠大寒)が来襲  ロマと11都市スケート回遊

雪を跳ね飛ばす雪上車。
2月初めに大雪と大寒波が西の欧州にもやってくるだろうか?
Sneeuw Lokomotief

おおさむ(≠大寒)がやってきたのか。フィンランドからルーマニアにかけて零下30~15℃。旧東欧圏合わせて本日ほぼ40名が亡くなった。ルーマニアで街路生活者の心臓停止。ヴォランタリー又は担当役所の人々が左様な放浪する民を建物内部に収容する様子が紹介された。

Romaniaは原語からの一般アルファベットへの写し。ローマの(市)民の国と言う意味。中世頃からロマと言えば放浪する自由な民を意味するようになったそうな。ニュアンスの違いが感じられるが、ジプシーはロマと同義語。パリ近郊キャンプのロマをルーマニアに強制送還するとサルコジー旦那が半年ほど前に声明した。彼はロマを治安の悪さの原因と断定。ルーマニア政府は剣幕をあらわに出し、EU議会左派が偏見と人権無視だとブウブウ反対したのが記憶に新しい。

幌馬車で移動する"その民"は全欧に拡大。その一部はチェコの首都に居座り、そこからパリに移住したと言う異説あり。つまりボヘミアの自由な民が華やかなパリ文化の担い手になったと言う。ボヘミアン(≒放浪者)と言う語彙はパリで生まれたそうな。

1620年小寒の頃、エリザベス・スチューアートがプラハを追われた後、新教を奉じる貴族や(ロマを含む)市民に対する迫害が起る。絞首台・監獄を辛くも免れた人々はあちこちに跳散、その一部がフランス・パリに逃れたらしい。こうしてパリの芸術がいっそう輝き、21世紀の治安は悪化した...(参照2011-8-01/02ボヘミア篇)

120130 gesneeuwd

閑話休題。東欧に比べ西側(≒西欧)も気温が下がり、我が村も雪らしい雪が降る。零下数度、もちろん氷結。数日前まで花の表情を保っていた白菊がさすがに萎縮している。げに芳しき白菊や、と言う歌詞一節になるほど"キク"の耐寒性に驚きます。ようやく朽ちて、これから次の開花に備える"姿隠し"に入るのです。これまでの労に、感謝を述べたいデス。


フィンランドの無数の湖と河川すら、厚い氷がはっているのが紹介される。悲しいニュースばかりでは困る。例年の光景だが、壮観である。都市部の広い川面が全てウインター・スポーツに開放される。一度だけ実際に見ましたが、好天の土日だと老若男女がスケートやアイスホッケーに興じ、健やか平和な気分に満ち溢れますね。

西フリースランド(英:フリージアン。東は独ニーデルザクセン州)に「11都市を巡るスケートの旅」と言う伝統行事がある。スケート・スポーツ史と共に始ったような苔むした行事ながら、過去数十年、温暖化でなかなか実現できない。11都市を巡る200km回遊運河がすべて厚さ10cm以上に氷結する必要がある。今では殆ど不可能と思われる。そこでスケート気狂いフリージアン・フォークはフィンランドやオーストリアに大部隊移動して、アルタナティブ大会を毎年開催しているのです。

フリースランドの古老・偉いさん方がインタヴューを受けている。200都市大会関係者や開催待望する大ファン面々である。絶対に今年は出きる。一週間後に実現する。奇跡が実現するような、浮き浮き晴れ晴れとした表情で言う。まだ1cmばかりの氷に過ぎない運河なのだが、あたかも15センチの氷のようにカメラにかざす。見るほうにも彼らの興奮が伝わって来るのだ。

プロABのクラスから数千人、いや数万人かのスケート気違いが滑るので、氷鑑定のプロと安全委員会がJa(ヤー)と太鼓判を押さねばならない。州きっての催しと言うより、戦後に国家的イヴェントに昇格している大掛かりな行事だ。開催決定にでもなれば、世界中のメディアが辺境の独立言語を持つフリースランドに集まって来るだろう。

もしもルーマニアやウクライナ並みの大寒波が1~2週間続くならば、開催が可能になるだろう。確か最後は15年以上さかのぼるのだ。大気の気温が下がれば下がるほど、フリージアンの熱がドンドン上る。それぞれの町の関係者が準備に忙殺されるだろう。すると、少なくともスケート気狂い民族にとって、欧州債務問題も不況近しも全てが雲散霧消する。観光の大目玉になるため、不況もなんのその、地方経済を立て直すもかも知れぬ。スケートに幸あり...
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。