ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

Ordinary People 雑人雑名

ローズマリー・マグダレーナ・アルバッハが生まれ、ニワトコの花咲く頃までの序章

1937年北京郊外盧溝橋で、日支間で小さないざこざが発生した。鉄道路線の向こうとこっちの銃撃戦だったらしい。その鉄道がもしもユーラシアを縦断してエルベ川上流沿いに通じているなら、急速なズーミングによってズデーデン地方を見られるだろう。そこはチェコ東側のドイツと接する半円状の円弧部分である。住民はドイツ人で、ヒトラーはこの地域を"解放"する積もりだった。大ドイツ圏支持が半分と言われる南接するオーストリアを折りこんだ上での一体化である。

極東を振り返れば、日本の軍靴が大陸の土を踏んでいる時だ。航空隊が渡海、爆撃の量と地域が拡大。宣戦布告なき日中戦争が始る。ズデーデンから車で数時間のウィーンでこの頃、バイエルン出の女優マグダ・シュナイダー(28)とオーストリア役者家系ヴォルフ・アルバッハ・レティが結婚式の最中だった。ドイツ語圏の墺独一つになった理想的なカップルに見える。

翌年、アルプス雪解けの少し前にドイツはオーストリアを併合。アンシュルスと言われる巧みな欧州大陸に於ける勢力拡大である。20年前の"平和的"日韓併合が支那大陸の権益と対露封じを助長した事情に似ている。列強はドイツの戦闘的野心を恐れた。平和維持の約束を得るために、英/仏は独/伊と共に四者ミューヘン会議を始める。

小春日和の季節に、ウィーンでローズマリー・マグダレーナ・アルバッハが生まれた。華麗な音楽の都はドイツ帝国オーストリア地区の首都に格下げと言う感じだった。ローズマリー誕生から一週間ほどしてヒトラー戦争拡大への歯止めに成功したと、日本を含め世界中がミューヘン協定と言う平和継続のニュースに沸いた。UKチェンバレンの平和策はズデーデンをドイツに割譲、その代わりの平和と言うわけ。一時的融和に過ぎなかったのは歴史が示す通りだ。[参照;2011-07-28テニスとスコダ事情、10-18ザルツブルグの痛み、など]

役者稼業や映画・舞台の世界は戦争と絡んで、しばしば話しのネタになる。戦争中マグダのバイエルンの住まいはべルヒテスガーデン近郊のヒトラー別荘に近く、殆どオーストリアとの境である。1941年にマグダレーナはその山荘を訪れている。ヒトラーは彼女の大ファンであったそうな。シュナイダーは戦前に既に多くの映画に出演、ドイツ語圏で知られる女優であった。

1945年マグダ(43)は7年のヴォルフとの結婚を解消。夫婦の背景に、ドイツ敗戦とオーストリア"解放"と独立の相反的状況があったと言えば言えますね。理由はよくある単純な男と女の何かでしょう。離婚は理由があるようでない場合が多いのでは…。年の行かない子供二人、長女ローズマリーと二つ違いの弟ウォルフガング・ディテルを引き取り、この時、親子3人アルバッハからシュナイダー姓に返った。マグダは役者を続け、1953年ケルンのレストラン経営者と再婚。二人の子供に義理の父親がよくしたそうです。

少女Rosemarie Magdalena Schneiderの普段の愛称は昨日書いたようにロミー。母親姓はドイツ五指に入るシュナイダー(=洋服仕立て屋)。どこにもあるパットしない苗字。大女優エリザベス・テーラーも英米苗字ランキング上位の洋服仕立屋姓である。鍛冶(鍛冶屋=Schmied/Smith/Forgeron/herrero..)姓は聞くが、「着物の仕立て」姓が日本にあるかどうか、うかつにして知らない。

ロミー・シュナイダーをひのき舞台に出すきっかけは1953年に妻を演じるマグダの娘役として出演する映画だった。実の母娘がシナリオ上の母娘を演じる。六作品に及ぶから、この母子の存在に合うようなキャスト割り振りの映画が作られた感じがする。また役者と言うのはしばしば虚実の分からなくなるような稼業かもしれない。

ロミー・シュナイダーの15才は昭和28年にあたる。その年に制作された Wenn der weiße Flieder wieder blüht 「白いニワトコが再び花咲く頃」と言うドイツ映画が彼女のデヴュー作である。

Sambucus 01 Niwatoko
weiße Fliederと呼ばれるのがこの花。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ