ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

Ordinary People 雑人雑名

バス衝突の悲劇 誠実に対応するホモ首相

15日、3月のど真ん中。さきほどサテライト局を一巡りすると、1、スイスはシィレのトンネルバス事故、2、シリア政権の同胞弾圧と逆の政権支持デモ。続くはアフガン紛争そんな重要度のようです。

ベルギー連邦議会に於いて、エリオ・ディ・ルポ首相が15日と16日両日も国家喪中にすると演説している場面が繰り返された。ブリュッセル議会は小じんまりとして、議長席すぐ下にやはり小ぶりな演説台がある。そこから1m歩き数段降り、数歩運ぶと円形雛壇の最下列に達する。古風な建具は同じイタリーやスペイン等の大層な仰々しさに比べると、ユニークである。

Zwitherland  Sierre 15
シィレのトンネルが見える高架橋に花を添える地元スイスの人々

首相も空間に似合う小柄ぶり。イタリー移民で炭鉱労働者の息子が我慢の政治家として檜舞台に出たと言うので注目を浴びる。かのシルビオ・ベルルスコーニ老の若かりし頃の貧しいのと同じである。

老はイタリー・トリノで新聞配達とか便利小間使い役とか、そんな苦労からたたきあげたそうな。伊人2世エリオと伊人本物のシルビオの共通項はそこまでに過ぎない。老は徐々に商い間口をひろげ、伊太利亜におけるメディア帝国を築き上げ、大富豪になった人物。

シルビオは大富豪ゆえに政権をごり押しの力で得て、地位維持のために強引な法改正を始め、巧みに金と権力を用い自分の党の過半数を操作した。プーティンまでいかなくても、かなり近い。

陽気で好色そして富豪とくれば、ニコラ・サルコジーが尊敬しない筈はない。彼らは公私において親友であったと言われ、ウム納得できる。豪放大胆さは英雄の条件。トリノ地元のオッサンオバサンは手をたたき常に彼を支持し続けた。

Zwitherland  Sierre  Belgium in rouw 05

エリオは富豪に遠く、蚊の鳴くような高音程の声で、丁寧に辛抱強く交渉するタイプ。ホモを公言する宰相は欧州政治史で初めてだろう。実際はホモであっても、21世紀に於いても公言する政治家は多くいない。素直且つ勇気ある姿勢で、それが彼のワロニア社会党のほぼ2年前の兆進理由の背景になっていると思われる。

選挙民の多くは、内閣を作りえない一年半年余の政治混乱に愛想を尽かし、ベルギー人であることを恥じると言う状況にあった。瀬戸際で組閣作り調停役を国王に指名され、一端匙を投げかけた。しかし尚それでも努力してほしいとドイツ出身ゴータ・コーブルク王家あるじに請われ、徹夜を続け、今の連立政権を作り上げた。女性的な忍耐力かもしれない。

スイス惨事への対応はそう言う面が発揮されているように思える。短い喪中の決定演説を、苦手なフラームス言葉で一言ひとこと丁寧に読み上げる。かつて一国の議会で、自分の言語でない文章をたどたどしく読む先例を私は知らない。

Zwitherland  Sierre 14
ベルギー、ロンメルの町か、蝋燭と花束を添える人々

ベルギー連邦議会はしばしば基本形のフランスとオランダと(稀だが)ドイツ語が用いられる。多言語国家であるから、複数言語を操ることが政治家に求められる。日常生活に於いて、政経に職を成す大抵の人は仏蘭二つを、取り換えながら自由に話す。左様な場面に何度も同席し、彼らの器用さに私は舌を巻いた。

一方の言語圏でワロニア弁だけ、あるいはフラームス弁だけと言う人々は多い。大きな商いでなければ、教育に関係しなければ、地元ふだんの生活に自分の言葉だけで充分だから。これが首都ブリュッセル域で複雑に絡み、いつも政治争点になる。そこは公に二ヵ国語圏とされる。事実ビジネス場面で私の経験によると、まさに二つの言葉が右から左に飛び交って目くるめくのである。

ところがブリュッセル目貫通りの目立つ店舗でフラームス語が通じない場合が多い。その逆もあり得ようが…、まず稀である。政府は二ヵ国語取得を奨励しているが、事態は改善されない。住民は永遠に解決されない二ヶ国語問題だと言い、私もそんな気がする。

新フラームス連合(N-VA)党首バルト・ドェ・ウェーヴェルは組閣まもないころ「エリオ君、君のフラームス会話、ゼンゼン進歩しておらんよ」と苦言を呈した。N-VAは前回選挙でオランダ語圏のダントツトップだった。フランス語圏のエリオ・ルポ社会党より得票率は大きい。N-VAは勝利したが、連立のメンバーに成り得なかった。ほぼすべての重要争点にNoだったそうな。Yesを言わない/妥協できない政党は現実政治に関与できないと連立の誰かがコメントしている。

昨日と本日の連邦議会におけるルポのオランダ語部分の演説は党派を超えた下院全員に真摯に受け止められたようだ。同胞の幼い子供たちの死に対する同情と連帯感が議場を制した。首相のフラームス弁は不十分だが、キャビネットのスタッフによる分かり易い語彙によるテキスト作成の御蔭で、今後問題なく機能していくと思われる。この点で史上初のホモ首相は確実に点数を稼いだと言えるだろう。

連立期間の残りは長くない。長期の内閣不在期間が加味されるためである。社会主義の政党がEUメンバー国の政権を担当するのはやや時代遅れに思われもする。とは言え、少数政党が集まる連立だから、決して古風で陳腐な社会主義政策が実行されるわけでない。この辺りが日本の社会党の時代遅れと明らかに異なる点であろう。

昨々日ラジオで聞いた二つの内の二つ目話題は、実はフランス大統領選である。ながらも徹底的なベルギー連邦政府の犠牲者への思いやりに感銘を受け、レンチャンでベルギー``素っ頓狂``について雑談をしました。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ