ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nature 雑草 フローラ/ファウナ

鴨川の生き物たち

鴨川は京都市内を南北に流れる。河床と堤防との間に公園/散策道/広場などが整備され、市民に憩いを提供している。京の都と共に歴史を歩んできた河川なので、沢山の物語・絵画などあまねく事象が良く知られている。私の四月歩きで観たものはわずか。幾つかの画像をご覧ください。

DSC_0057 からし菜の河床

日本列島の河川に恐らく同じ光景が見られるのでは…。アブラナ科の黄色い花が満開。一週間前、左に見える遊歩道が人手であふれ、ふだんサイクリング出来るのがこの時に限ってご法度だったそうだ。理由はソメイヨシノを基準にする桜前線が京都市内を`直撃`したから。お花見の大混雑ならば、自転車に乗るなど、とても出来ないでしょう。

アブラナ属の和名で知られるのはナノハナ。京は漬物の都(ミヤコ)。ぎょうさんの`創業年間◇◇▽▽`と言う老舗の漬物屋があり、それぞれの伝統の秘法を争い、独自の漬物を作っています。シバ漬け、奈良漬け、スグキ、ダイコ漬け、、ほんとにタント御座いますエ。

その一つが菜の花漬け。天辺の蕾が群がる部分を、あっさりと爽やかに漬物にする。画像の植物は厳密に言うと、日本自生の菜の花でない。セイヨウアブラナとか、黒辛子≒芥子菜と言われる仲間の一つ。これを欧州で(英語の場合)マスタードと呼ぶ。マスタードとかモスタルトと言う苗字が全欧に見られるのは、この属のこの仲間がいかに食品として需要旺盛だったかを想像できよう。モスタルト家の先祖はセイヨウカラシの老舗だったと言うわけだ。

勝手に生える自然の芥子菜が山野を静かに流れる河川に群生するならば、そこに行って一籠も二籠も採取したい。漬け物にするも、炒めるも煮るも、天麩羅やサラダ風にするも、天然の滋養を満喫できる。やや大葉っぱ似の厚い葉もビタミン豊富だと言われる…。棲息群落を伺うと、蕾や花の部位より、葉のヴォリュームが圧倒的である。一度、菜採として試す価値はあろう。

アオサギ Corrage 04

21世紀に沢山のサギが鴨川に生息している。彼らはコウノトリ科アオサギ属またはサギ属に分類されている。赤ちゃんを両親に運んでいく大型の鳥仲間だ。デカイゆえに、欧州で頻繁に見られるアオサギ(日本アオサギと変種関係にあって、より灰色が目立つ)は獰猛な肉食動物である。10㎝くらいのカエルや1mヘビなど、食ってしまうのである。夏場だと胸に飾り羽が生える。画像ではわずかに見える。

ダイサギ Corrage 03

ダイサギもアオサギとほぼ80~90㎝になる大きなサギだ。白い全身が美しい。シラサギと呼ぶ一つの種(シュ)だ。雌はやや小さい。鴨川は浅く、堤防遊歩道から、時々50㎝を遙かに超える鯉(と思われる)の背びらが見えたりする。彼らも盛んに捕食遊泳を行っている。だが下手をすると、シラサギやアオサギに突かれたりするのではないだろうか…。

高野川と合流する出雲路橋の上流を賀茂川と書く。たぶんその界隈に上賀茂と下賀茂との二つの神社があるためだろう…。 ここから上は昔から綺麗な清水だった。多くの魚がいた。アユもいた。市内部分と鴨川が合流する淀川の水が綺麗になり、アユが上流に向かってくるらしい。友禅の洗いが行われていた頃、アユはいなかったと思われる。1970年代、友禅作業が終わりに成り、鴨川整備法が機能し始めて以来、徐々に水中生物が返ってきたらしい。

生物学者/ファンによると、困ることもあるそうな。オオサンショウウオの支那種を放流した人(人々)がいた。近年のゲノム調査によると、日本種とのハイブリッド化が全面的に進んでいるらしい。半世紀ほど昔の出来事を元に戻すことは出来ない。生物の全地球的な交雑化を引き留めるのは例外を除き、非常に難しい。

コウノトリ科のサギ属は賀茂川あたりから、我が物顔にドンドン増えて観察される。と出会った三つもカメラをぶら下げる御仁に教えられる。たぶん鳥たちは有り余るアユやフナや、時にオオサンショウウオのグルメを楽しんでいるのかも知れぬ。


DSC_0061.jpg

芥子菜の茎のトップ画像。黄色い4枚花弁が十字についている。十字花と欧州で言うのはキリストの十字架を連想する。当たらずも遠からず… ここまで来る前の蕾集団の時、先っぽ10㎝ほどの部分を切り採る。花が開花し始めると、蕾が開花した花より上に位置するタイプと、その逆のタイプとの2種が欧州に自生≒野生する。いずれも芥子菜の兄弟姉妹にあたり、どれを漬物にしても、上首尾に行うならば、有機農法的なホームメイド健康食糧になる。

コサギ Corrage 03
右も左も黄色い靴を履き…。体躯の小ささと共に、大型サギ種上記二つとはっきり区別できるポイント。

コサギ Corrage 02

記述した二種大型サギより、小さなタイプの白いサギ。和名でコサギと言うらしい。コウノトリ科であるが、属名が異なっている。初め私は、ダイサギになる前の若い状態と思ったが、動くたびに揺れる二本の毛で識別されるそうだ。コサギの方が熱心に浅い水中のエサ取りをしている。大型二種はより大きな獲物を追い、コサギは体の小さい分だけ、小さな水中生物を餌にするということだろうか?普通の理屈だとそうなるが… 実際は分からない。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。