ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sport スポーツ/ホビー

開催国の初メダルはエリザベス & 北島は荻野と交代


昨日のロンドンオリンピックの開会式。
Olympic Cor 01

左の横向きの人 : IOC委員長ジャーク・ロッフェ。女性はご存知のQE2(エリザベス2世)、その後に白髭カンタベリー大司教ローワン・ダグラス・ウィリアムズ。ブリテン国教会のボスでくだけた人物。12月に止めると3月に宣言。先生業になってのんびりしたい…戦後生まれの`現代っ子。しかめっ面の女王は高齢にも拘らず、あちこち五輪行事に孫夫妻を引き連れ出演している。
Olympic Cor 02
花火の俯瞰夜景。花火発射の制御ソフトウェアーもゲームと共に進歩。前もってシュミレーションが可能になっている筈


ロッフェの綴りはJacques Rogge(69才)。ライムギパンroggebroodのロッフェ苗字。古都フェント生まれの医師。ヨット・フィンクラスで世界選手権/五輪でそれぞれ金1度、銀2度を獲得。ベルギースポーツ界の雄から2001年、スペインのサラマンチの後を襲った。ウンクサイ事件に包まれたアントニオ・サラマンチは組織を我がものにし、イエスマン委員を集め独裁者だった。委員たちの拝金スキャンダルが続いた。ロッフェは五輪組織イメージを明るく一新。既に11年アイ・オー・シーの頭を務める温厚誠実な人柄。連邦国家ベルギーは、奇妙で不可解な社会事象/事件に満ちてユニークなのだが、彼のような一見かたぶつ人も時々いて面白い。

DSC_0027.jpg
女子自転車道路レース表彰。左:2位エリザベス・アームステッド、中:アンネマリー・フォス、右:3位オルガ・ザベリンスカヤ。優勝者Vos姓は動物キツネ。しばしば聞く。最も一般的な獣だから、どの民族にもある苗字と思われる。日本姓として存在すれば、貴重な姓に違いない/span>

男子自転車道路レースに於いてトゥール・ド・フランス1位ウッギングスと2位フロームズは期待にそえなかったらしい。本日夕方、BBCは開催国初メダルのニュースを嬉しそうに伝えていた。ぺロトンから飛び出した3名の一人がブリテン選手アームステッドだった。彼女はダントツ優勝候補オランダのフォスに最後200mスプリントで惜敗。しかし予想にも出なかった同胞の銀メダルに、全土が湧いた。雨にも拘らず、沿道に声援の人々が集まり、2日目が盛り上がった。

DSC_0039.jpg

Cameron van der Burghの58.46は世界記録(蛇足1)。彼と2位のスプレンガーとは体一つの差があった。7コースKosuke Kitajimaは5位。北島の自己ベスト59.00は2位に入るが、21世紀に10年近いヘゲモニーを握ることは不可能だろう。世界は偉大な泳者に拍手を贈り、代わってHAGINO Kosukeが舞台に登場。高校3年生はわずか2日間に数秒も日本記録を塗り替えた。時代は変わる。

イヴェント情報伝達が早く広くなったのは、世界のテレビ普及時代に重なった東京オリンピックからである。欧州に限らず、数百局受信可能なサテライトの場合、自国選手に焦点を当てる各国独自の実況画像から、どれか好みを選択できる。今回の映像配給元BBC(国営の英国放送会社)はiPhone/スマホ仕様のライブ速報を検討…、実現しているかもしれない。

日本の水泳は世界のトップに属する。かたや陸上競技レヴェルをABCクラスに分けるなら、日本はBCの中間かCクラスだろうか。水泳にトップクラスがでて、陸上に滅多に出ないのは何故なのだろう。それでも若き同胞の頑張りを見るのはこころよい。フットボールもアーチュリーも、卓球も柔道も、多くのスポーツで若い日本の人々に声援を贈りたい。単純だけれども、頑張れニッポンなんだ。


[蛇足]
ファン・デル・ブルフ姓から17世紀の南アフリカ蘭系移民の末裔だろう。ネルソン・マンデラ政権以降、第1国語が英語になった、、と言うか日常的に英語比重が高まっている。すると、ヴァン・ダー・バーグ風に聞こえよう。マンデラ以前は混成語アフリカーンス(蘭語を核にした新言語)が英語と並んで公用されていた。現実に南アフリカ東南部でもっとも使われる言語らしく、(旧?)アフリカーナ(蘭独白仏などの新教系移民)の若い人と話すと、殆ど現代オランダ語に思える。しかし蘭語とその方言フラームスとの差よりも、蘭語とアフリカーンス語との差はずっと大きいそうだ。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。