ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nature 雑草 フローラ/ファウナ

ぼそっと雪が降る日々

ささめ雪アムステルダムを列車で離れた夜、雪が降り続けた。翌朝見ると、ぼそっと言う感じで積もっている。庭に置きっぱなしのテーブルにダイムを立て計測すると155㎜。

200m離れる森縁からやや入り、直径200㎜前後の倒れているカバノキの雪を払う。上から見るとひょうたん型のキノコが現れる。下左画像に見えているのは小さい方の上側と大きい方の側面。小さい方の下部にカバノキから立ち上がる柄がある。小さい丸から大きい丸が伸びている。片側で重い部分を支える構造はこうした茸にしばしば見られる。

カバノキだけに生えるキノコだから、樺茸と書いてカバタケと呼んで良いだろう。松に生える茸はマッタケ、椎の木に生えると椎茸、ドングリの成る楢に生える茸はナラタケと言うから。マッタケ/ナラタケ/シイタケは食用として知られる。カバタケはどうなのだろう? [補足]

   Sneeuw en Berkenzwam 03

上の食用三つキノコは春以降に出て、秋に収穫できる茸だろう。山中で見つけられず収穫されない場合、胞子を放出した後に黒ずみ委縮し、大地に消え去る。1年ものと言って良いかも。これに対し多年ものがある。カバタケがそうだ。カバタケは石のように固くない。だがシイタケのような柔軟さもない。堅いゴムに近い触感だ。画像のカバタケ茸齢は分からない。年論のような年ごとの成長跡を残さないので、サイズしか判断材料がない。画像個体は3年目ほどの印象を受ける。観察例が少ないのでまだ私には良く分からない。

野菊が頑張っている。風に茎を押され、なかば倒れている。雪は風に飛ばされ、花びらや葉っぱにあまり積もらない。頭花も舌状花も春夏のようについている。しかし今は冬なのだ。うすむらさきの細長い部分が何故おちないのだろう? 
   Winterjasm() en Zomerfijnstraal In sneeuw

黄色い梅と書くオウバイをあちこちの庭で見る。12月から2月が花期と従来はされている。冬らしくなる12月から枝垂れる緑の枝に黄色いい花びらを咲かせる。花の後に葉を出す植物。私の村に寒桜は植わっていないので、オウバイが冬一番になる…。数ヵ月後に咲く春の小木・レンギョウと同じ印象を与える花。

ぼさ雪が24時間以上続き、それに風が加勢する。野菊の表情があらあらしい(そのように私に見える)のは気を張り耐えていたからではないか。これは歌詞にある文字通り「霜にもたえて」雪風にも耐えてと言う事実を示している。放ったらかしで誰も面倒見ない野菊だから、季節順序が逆さになったり大きくずれるケッタイに対する順応性だろうか。
   WinterJasmijn en Zomerfijnstraal 121208
雪が降ると、いかにもオウバイの風情になる。だがオウバイも狂いだし…と言うか、一定しない気候温度のために、9月から咲く個体が寒い1~月2月にもう葉だけになっていたりする。 

オウバイの故郷は支那。Gansu(甘肃省)/Shaanxi(陕西省)/Sichuan(四川省)Yunnan(云南省)だそうだ。これら省は広大な支那国土の南北ほぼ中央帯を占めている。日本へは江戸時代に渡海したらしい。欧州に持ち込んだのは植物狩人(プラントハンター)だが、誰か私は知らない。ジャスミン属に分類される冬の花だから、欧州一般名は「冬ジャスミン」。ジャスミン茶香り付に用いられるジャスミンのような香りは無い。

       121208 avondval

ぼさっと雪が降る日々、17時にすっかり夕闇になる。夕焼け小焼けの詩によまれる「夕焼け」なのだろうか?冬の夕焼けがあっても…ピンとこない。Zのような模様は飛行雲の名残? 故郷でこんな冬闇を見た記憶はない。黒く染まった日本海の冬景色だが…

[補足];
1これら樹木種名を持つキノコは一般的な名称。シイタケ市場のシイタケは100%栽培で、栽培木は椎の木に限らない。独蘭では夏と冬楢の二つが用いられている。
ナラタケと言われるグループに多くの変わりが存在する。種違いまたは同じ種の仲の変種が数限りない。菌類の分類は樹木に比べ、研究分野が広大過ぎるのでは…。仮に巷間伝わる3万なにがしかの茸種が世界にあるとしても、今後、整理/引っ越し/新種項目…など大いなる変更があり得る。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。