ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oh every day 日々そうそう

カーニヴァル (続編)

月曜日二月十一日。カーニヴァルの実況中継にぶつかった。この分だと、あちこちドイツ地方テレビ局でやっているに違いない。↓の山車(ダシ)を見かけた。今日から`元`が付く大臣だったシュアバーンの地元、デュッセルドルフのプレゼンテーションだから、続編として加えたい。先週水曜にここの大学発表があり、その連邦ニューストピックを数日で社会風刺として取り上げている。時事性に富み、驚きべき素早さ。恐らく3日間で完成させたのだろう。

風刺としての素材解釈と具体的像への意匠化(デザイン)が肝心。そして制作作業にかかる、1.構造フレーム溶接、2.張り子作業、3.着色とざっとそんな具合に運び、土曜日には台車に乗せたと思われる。カーニヴァル・プロフェッショナルに敬意を表する。

参加山車チームの審査があり、優秀順に表彰されるそうだ。主題選択と造形具体化(出来栄え)出演チームの演奏や踊りなどのプレゼンテーションなど総合性が評価されるのだろう。各カーニヴァルチームの誇りを掛けて争う。

      DSC_0060.jpg
Plagiatの後が読めないが、Schavanは明らか。メガネと白髪とで一目でシュァバーン女史と分る。背に砲弾をぶっ放す、と言うのは彼女にとって思いもしなかった闇討ち的`資格剥奪`を暗示させているのかも知れない。でっかい青い筒の横っ腹に`辞と任`の文字。筒にまたがるのは大学博士審査委員(会)。イヤー、出来栄えに私は喝采するのだ。

白い雪が緑の芝をかくす土曜日9日の午前。ある小学校から出発するカーニヴァル行列。遠くてはっきりしないのだが、小学生たちの仮装と山車に続き、沢山の親たちが参加している。
      130210 Carnival cor 8
ピエロ意匠のチーム。母親と共に自転車をこぐ幼稚園児。5㎞ほどの村メイン通りをずっと漕ぎ通したと言う。

ケルンのカーニヴァル。太鼓楽器と笛のチームのようだ。洒落た緑の意匠の、鼓笛隊と呼ぶのだろう。
      130210 Carnival cor 5
この多乳の雌豚は、ベルリン政権への風刺と思われる。表情をこの角度で伺えないが、宰相メルケルそっくりに出来ている。多乳を飲むのは閣僚たち?又は債務危機でEU/独資金援助を要する駄目諸国を暗喩する。ピンク色はゲイ≒同性結婚論争と絡むかも…。立案され議会了承されるのはドイツはまだ時間がかかりそうだ。

いずれも↓ライン河川沿いの阿蘭陀都市の日曜日テレビ実況場面。リオやヴェネティアの華やかさと異なる。むしろ風刺や知性的と言う意味で、南欧やサンバの踊り一つのリオより面白い面がある。
      130210 Carnival cor 7
リオ・デ・ジャネイロのカーニヴァルは高名な四国・阿波踊りと並ぶ夏のダンスイヴェントに思える。寒くブルット震える冬祭りは別カテゴリーとして考えるべきかもしれない。

[余談]
今日、ベネディクテュス16世(85才)が来たる2月28日に引退するニュースが伝わる。ヴァティカン史上、考えられぬ出来事だと言う。生存中の引退は600年ぶりの二人目に当たるからだ。彼の本名はヨーセフ・ラートジンガー、100人のチッポケな村から出て、数十億信者の頂点に登りつめた人物。2005年にローマ教皇に選ばれた。欧州キリスト神学の専門家中の専門家。無論ローマ言葉(ラテン語)をこなす。ギムナジューム後に神父になるべく神学と哲学を収めた。
`元教育相シュアバーンの模範たる同胞人になる。カトリック信奉者・彼らはカーニヴァルと共に育った。だが、カーニヴァルは最早カトリックと無関係と言って良い。ラートジンガー引退は高齢による体の不自由と、言うまでもなく8年在位中に次から次に発生したスキャンダルに原因する。歴史上、宗教組織は男世界ゆえにPedophile/Sodomy(小児性愛/男色)から逃れられなかった。比率は不明だが、相当数のカトリック聖職者が少年少女を悪用した事実が報告されている。全世界で告発(それに伴う告白も)が続き、莫大な賠償金を被害者に支払いつつある。ベルギー大司教からアイルランドやアメリカ等あらゆる国の教会人が関与している。
Paolo Gabriele (46) はラートジンガーの筆頭秘書と言うか執事職にあった。彼は教皇のプライヴェイトデスクから重要書類を盗み、ヴァティカン資金を流用して逮捕された。この事件から、神聖なるヴァティカン内部のドロドロ不祥事が明るみに出る。ペドファイルと並び、ヴァティカン銀行絡みの聖職者の腐敗だ。過去これらは内部で`臭いものに蓋を`され、また上位組織によって隠されてきた。聖職者の性行為がメディアを賑わし初め、教皇は公の場で謝罪しなければならなかった。しかし具体的改革は始まらなかった。これゆえにラートジンガーの保守性を断罪する人/組織は多い。
旧教大本山の裏面は`真面目な`性と無尽蔵な資金との一大巣窟と言うこと。セックス+マネーに腐敗。これにラートジンガーは耐えきれなくなったと理解できよう。おばさんアンネッテの盗作はその旧教本質の目に見えないような細部に過ぎないのではないだろうか。おのずから行った盗作行為を百回説教するうちに正義と信じてしまうような現象かもしれない。彼らはただの人である。カトリックなど糞くらえだ!と例えばアイルランドの人々が叫んでいる。サモアラン。 参照;ウィーン少年合唱団、ベルギーのカーディナル等
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。