ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Politics and economics 政治/経済

no minimum wage in central European axis 欧州中央軸に規制なし

なぜドイツだけが、ギリシャ危機からEU大不況に展開した状況にあって、好況と言うか例外な経済充実をしているのか? 南欧ポルトガル/スペイン/イタリアなどから高教育を受けた若者たちがドイツに集まっている。就職機会があるからだ。南欧側は人材流失と言い、EU圏のドイツ独りがちに苛立ちを隠さない。アンゲラ・メルケルをアドルフ・ヒトラーに重ねたデモ看板はすっかりおなじみになっている。

一つの理由はドイツは雇用者最低賃金法を持たないためだ。周囲の国々はその法律があるために、ドイツより高い給料を支払わねばならない。その分、競争力がなくなる。逆に安い労働力でドイツは他国より生産性を上げられる。この最低賃金法を持つ/持たない国のイラストが下図である。なんと欧州まんなかがスッポリ赤色である。ドイツと共にスエーデン/フィンランド/イタリアが並ぶ。なるほど、思い当たるこれら四国の`強い業界`がある。

Minimumloon col 01

最低賃金の最も高いのはルクセンブルグ、以下順にベルギー/オランダ/アイルランド/フランス/イギリスと続く。数字は一月の税金込みの収入額。時給に翻訳すると、どうなるだろう。ルクセンブルグの場合、9ユーローぐらいだろうか? これまでドイツ連邦の最低時給は6ユーローほどだったそうだから、たとえば農業季節労働者に8~9ユーロを支払うオランダと比べると、非常に有利である。
 

昨々日、5週間のドイツ連邦・連立政権交渉がまとまった。5週間の短い間に、宿敵`CDU+CSU`対SPDの保革が合意したのだから、先の選挙結果によるドイツ政治事情を如実に示している。大連立と言われるキリスト教民主+キリスト教社会同盟の保守、そして社会民主党のコンビである。第一次アンゲラ内閣は早8年前になるが、保守二つで過半数に満たず、今回と同じSPDを加える大連立だった。まだ60手前の女性にとって、再び大連立になる。

初回例は何とか4年をこなしたが、本音は社会民主党と前首相ゲルハルト・シュレーデルとに辟易していた。2009年選挙で、FDP(自由民主)が政党資格支持率5%を超え(9%ほどだったか)たので、SDPと手が切れて顔色セイセイしていた。今回は、その連立相手のFDPが5%に達せず、政界地図から消えた[補注1]。前回は嫌で嫌で仕方なかったが、それから今日まで鍛え上げた`鉄の女性宰相`手腕がものを言う。


↓左;コアリチオンこと連立政権・協定をまとめあげた水曜日の記者会見。三党々首の揃い踏みだが、左SPDのSigmar Gabrielと保守連合CDU+CSUつまりAngela Merkel+Horst Seehoferとの二陣営。右;この日、ベルリンは秋の日差しを浴び、人々は公園歩きを楽しんだ。スプレー川の流れる都心歩きは半ば観光客用で、住宅街や郊外にこうした森があふれている。

berlin col 01

SPDは総選挙敗北政党として、新政権誕生に口出しせずと謙虚に引き下がっていた。もし我党なしで政権運営できないと言う判断をメルケルが下す場合にのみ、連立参加を検討すると公言。連立検討過程半ばで、政権の相棒の要請が出た。請われた立場だから、肝心なSDP政策主張をずらっと並べたのであろう。来週に組閣発表があるだろう。一説によると、メルケル三次内閣にかかるコストは年次予算をはるかに上回る規模になる…、全く現実性の無い合意と言う分析である。

ガブリエルの求めた連立合意条件の要の一つは、最低賃金法である。メルケルはこれをのみ、欧州真ん中を走る最低賃金なしの軸が壊れるわけだ。ついに戦後(西ドイツ成立以降)はじめて、労働者保護法が成立する。画期的と言わねばならないだろう。ホモ・レスビ罰則法が撤廃された1960年代の変化に重なるような感じを私は受ける。


【補注】;
1.ドイツ政治にFDPの存在基盤は最早無い…左様な一般論が出てきている。二次メルケル内閣の副党首を務めたFDP代表Guido Westerwelleの慣れない危なっかしい外相ぶりが目立った。彼は党首辞任し、外相のまま任期を勤め上げたが、かつてのゲンシャー(Hans-Dietrich Genscher )(コール16年政権のパートナー)のようなカリスマ性に掛け、FDP凋落に一役買った。  
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。