ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

Politics and economics 政治/経済

Germany's first ever woman defence minister ドイツ初めての女性防衛大臣

先の12月半ば、三次メルケル組閣がなった。産みの苦しみは三ヶ月、所謂"GroKo"と言われる中道右派と左派の大連立。語彙Große Koalitiontとは、CDU+CSUの右とSPDの左とが揺り籠を共有すること。一次メルケル内閣もグロコだった。一次と三次の幾つか共通項がある。今回の組閣に、しかし、大トピックがある。

Ursula-von-der-Leyen- col 2

メルケルと並ぶのが時の人。55才、7人の子供の母親。二次内閣で労働相を勤め、今回'西側'諸国で珍しい防衛大臣に抜擢された。Ursula von der Leyenと言う人。昔風に言えば、陸軍/海軍大臣である。この職は常に男に属してきた。一躍、古風な独女性名ウ(ル)ズラと、苗字フォン・デル・ラインと言う組み合わせが欧州の脚光を浴びる。

Urzla 09
左の女性;Jeanine Antoinette Hennis-Plasschaert。
前二つは名前、後ふたつはそれぞれ亭主と本来の苗字。蘭における結婚女性が名乗る標準形。

欧州に於ける女性防衛大臣の嚆矢は、ルッテ二次組閣でオランダで誕生している。自由民主国民党(VVD)のジャニー・アントワネット-ヘニス-プラスサエート(40才)。欧州議会議員を歴任、2010年から党の選挙順位4番を占め、2012年11月選挙勝利後に入閣。男の職についた初女性として話題になった。冷戦崩壊後22年を経た'平和'な時代の現象か…。現職一年を経過、制服組からの評価は厳しい。'いてもいなくても変わらぬ'、'支離滅裂な方針'など。女性らしいリーダーシップがもう一つ馴染まれないのかもしれない。[補註1]

フォン・デル・ライン家族。子供七人は現代では珍しい。戦後すぐまで敬虔なカトリック地域で、毎年のように子供が生まれるのはふつうだった。赤子誕生を聞かなくなった親戚や知人が「どうしたの?」と心配するのが不思議でなかった。10名前後の兄弟姉妹を持つ60才以上の人々はザラに居る。長女/長男、年長組が幼い兄弟姉妹の母親/父親役を果たすのだそうだ。15人が私の知る記録。
Ursula-von-der-Leyen- col 1
防衛大臣就任後の女性軍人を交えた現場訪問。女性のディフェンス・アーミーへの就職はもはや常識。ドイツ連邦軍は各地の紛争地域に平和部隊を派遣している。ハイテック装備の開発は伝統技術を持つ軍事産業によって欧州の先端を走る。無人偵察/攻撃機ドイツ・ドローンは既に実戦配備されているそうだ。通常型潜水艦鑑は極東市場(共産中国)に市場を見出している。


アンゲラ・メルケルは東独出身で、ヘルムート・コールに可愛がられた。CDUで徐々に頭角を表し、過去を含めドイツ政治史上の初女性宰相である。SPDとの大連立に辟易したアンゲラ女史は二次内閣を小さな自由党(FDP)との連立でなんとか任期をこなし終えた。しかし2012年の定時選挙の際、自由党は議会資格権投票率5%を割った。アンゲラさんの妥当な選択肢は"GroKo"になった。SPD党首ジグマル・ガブリエルが大連立OKの党内コンセンサス(76%)をまとめ、彼とメルケル女史との相性もよい[補註2]。SPD選挙公約・最低賃金法をCDUが呑んだ時点で、事実上の合意が成立していた。

内政の労働大臣であった人を'外政'になる防衛大臣に'出世'登用した理由を、メルケル首相は「社会政策への関心を別にして、彼女は国際関係に深い興味を抱いてきた」と説明している。過去四年に渡る閣議の経験と個人的関係からの短い説明だ。宰相が女性ゆえに同性の閣僚かつ党友は、好むと好まざるを得ず、信頼できる腹心としての役割を担うことになる。この点がふつう男性宰相と異なる。

Comparison of military spending in the world in 2013
9904cd1d1e85557b435b7de8b31bd543.jpg
「1から6番までの軍事支出」。様々な統計があり、民間組織の各国別またはその国際比較の資料は、それぞれの扱い/読み方によって、すべてが異なると言って良い。これはその内の一つで2013年資料。支那の軍事予算はこれよりはるかに実質的に多い筈。一般に支那統計数字をそのまま信頼してはならない。ほぼ並ぶUK/Japan/Fransとともに=Germany、すなわちドイツも同レヴェル。大方に理解される数字だろう。

彼女は二次の組閣に於いて、バーデン・ビュルテンベルク(Baden-Württemberg)州政府教育省から連邦政府選挙に出たアンネッテ・シャーヴァン(Annette Schavan 58才)を文化・科学相に起用。アネッテは州政府時代、イスラム被り物ご法度方針で全国的知名を得たキリスト教民主同盟CDUの宗教学の専門家。宰相と同世代のアンネッテは良き党友で、上司に忠実な相談役を果たす。権威であるかのような宗教本を上梓、日の出の勢い、女性政治家シャーヴァンの全盛だった。

博士論文は著名人出世のバネになる。このチェックをするドイツ組織がAnnette Schavanの論文盗作を解明、デュッセルドルフのハインリッヒ・ハイネ大学の激しい再審査が行われた。その結果、彼女の資格剥奪が決定された。輝かしいシャーヴァン履歴はその資格ゆえに構築されてきた。他人の業績を盗用した事実はドイツ連邦の政治文化と、本人自身にとって、Bullshit(ナンセンス=デタラメ≒スキャンダル)と言うべきだ。資格失墜後2013年2月、メルケルは形式的慰留を表明、シャーヴァンは辞職。奢るものは久しからずや!

Ursula-von-der-Leyen- 05
ウル(ズ)ラ女史の初国外出張はアフガニスタン平和駐留軍への訪問。その後、国内各地の基地巡りを精力的に行う。迎える高官たちも初女性大臣に好意を抱いているようだ。前任者トーマス・ド・マイジールが不人気だったわけではないが…。 Eiserner Kanzler(鉄の宰相)Otto von Bismarck(ビスマルク)とHelmuth Graf von Moltke (大モルトケ)コンビが体現したドイツ統一以降から、ドイツ第三帝国の時代を経てこんにちまで、ドイツ軍はBundeswehrと綴られる。プロイセン気質を核DNAにする気合の入った軍隊とみなされる。21世紀のブンデスヴェール総員数は日本と同規模の23~24万人。

ウ(ル)ズラ➖フォン・デル・ラインが阿蘭陀の同僚より、強いスポットライト浴びるのはなぜか?
シャーバン失墜後のメルケル首班を支える'同性'である点。外務・財務・防衛の各大臣は'外政'と関わり、国家の顔になる重要閣僚ポストである。ボスのアンゲラさんより四才若い。以上からウ(ル)ズラさんはCDUの二番手に上昇したと言うこと。つまりBundeskanzlerin(ブンデス・カンツレリン)=連邦首相である現職メルケルの後継者になりうる。

三次に及ぶカンツレリンが次期に踏襲されるかどうか分からぬ。カンツレルと呼ぶ男性宰相に戻る可能性がある。しかしCDUは女性党首によって、意外にも選挙に大勝した。男性党首ならば、そうは行かなかった筈。旧教神父の娘で敬虔/真面目なメルケルが女性の柔軟性を活かした点に、三次のCDU支配が可能になったのだ。いったいカンツレルの誰が、東北大震災による津波・原発事故の発生三日後に、ドイツ連邦17基原発(期限後)廃止を裁断決定できるだろうか。女性本能を抜きにして語れない政治判断…。
Ursula-von-der-Leyen- col 10_edited-1
新外務大臣はFrank-Walter Steinmeier。シュタインマイエルはゲルハルト・シュレーデルの僚友でそのSPD内閣の要'総務'、一次大連立の外相/副首相を歴任した国会ブンデスタークのヴェテラン。CDU独占を覆すSPDの対抗首相候補としては新鮮味にかける。前任者FDPのGuido Westerwelle は真面目だが不器用な人で、時々チョンボが目立ちすぎた。それ故SPDヴェテランはメルケル三次[補註3]にとって信頼/安定要素になろう。

財務省は車椅子のWolfgang Schaeubleが続投。CDU馴染みの顔、EU財務政策に与えるご意見は重みがある。ギリシャ金融危機扱いを主導したのは彼だと言って良い。CDU重鎮だが、シャウブレは最早カンツレル候補にならない。首相職とは新鮮な未来性を備えていなければならない。
Ursula-von-der-Leyen- col 11_edited-1
防衛相の前任者・CDUマイジールは今回、内相に横滑り。メルケル女史を支える忠実な党友で、二次内閣'総務'に就任。だが、まもなく起こった論文盗用スキャンダル[補註4]で辞職したグッテンベルク防衛相の後を繋いだ人。今回、フォン・デル・ラインに防衛大臣を譲る格好になった。残念だったに違いない。なぜなら党内序列を下げたとみなされるから。

”外政”閣僚たちから、こうして残るのはウズラ女史のみである。女性の優しさと柔軟性によって、もし彼女が盗作や他のスキャンダルから自由で、かつ四年後もCDU人気を彼女の魅力によって継続するならば、カンツレリン”フォン・デル・ライン”が誕生するだろう。


【補註1】;
1. 2012年9月13日の記事;選挙民の戦略的投票行動を参照されたし。
2. Sigmar Gabrie。メルケル三次内閣の副首相で、経済・エネルギー相を兼任。総選挙に至るまでの各州選挙で左派陣営勝利作戦を展開した。しかし本戦で惨敗を帰した。選挙民の判断で負けたので、組閣手続きに一切口出しせず、見守ると選挙後に声明。結果論だが、いま政治家として彼はやり時の機会を得たことになる。グッティンゲン大学出の54才。履歴に離婚両親(公務員と看護婦)と書かれるのは、当時まだ離婚が少なく目立ったせいだろう。

3. 参照→ http://en.wikipedia.org/wiki/Third_Merkel_cabinet

4. 中道右派あるいは保守の既成秩序の階段を上がるために、しばしば論文盗作が起こる。と言うか、無意識に人は過去の論文や先人の仕事を、あたかも自分の創案のようにコピーをするようだ。それが既成政党支持者に多い…ということか。CDU未来の党首と空騒ぎされた新人は、Karl-Theodor Maria Nikolaus Johann Jacob Philipp Franz Joseph Sylvester Freiherr von und zu Guttenbergと綴る長い名前を持っている。貴族家系を示すのだが、いやはや興醒めなトピックだった。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ