ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Terrorism テロ

ナイン・イレブン 世界を変えた162分

10年前の平和な静かな火曜日、9月11日。アルカイダのテロリストがus国内便4機の乗客機を乗っ取った。2機は前後してニューヨークWTC双子ビルに激突、3機目はワシントン対岸ヴァージニア州のペンタゴン外郭棟に衝突、4機目はペンシルベニア州小さな町シャンクスビル近郊に墜落した。

Aniversary 9 11  WTC Attack 03

これらは関東~関西の圏内だろう。ニューヨーク市から南西ワシントン市へは400キロmくらいか。同じく西のシャンクスビルへは500キロ余り。シャンクスビルから南東ワシントンへは300キロほど。ペンタゴンはワシントン市都心からポトマック川を越え2キロほど。これら三角形の右辺,つまり東南海岸に大都市群が連なり、US発祥と現在の核域である。

最初の現場はアメリカ経済のシンボル。アメリカンとユナイティッド2機乗客147名と、ワールドトレードセンター両棟で消防警察関係300名余を含め2606名。第2現場はスーパー軍事大国の核・国防省。五角形のペンタゴン。職員ほか125名とアメリカンエアーの59名。第3の攻撃目標はUS政権シンボル・ホワイトハウスだったとされる。目的地に達する前に、果敢な乗客活動によって、シャンクスビルの森に墜落。乗客40名。計2977名の犠牲。別に行方不明24名。テロリスト19名死亡は別扱いだろう。

Aniversary 9 11 a
10周年慰霊式典が中継された。当時のブッシュ大統領の話、被攻撃側の重い責任を噛みしめた本人の素直な体験と犠牲者への祈り、心を打つ。

全攻撃は8時46分から10時28分の間に起こった。ハイジャック自爆連携テロが首謀者Osama bin Ladenによる計画通りに実行された。並の復讐心や準備で成就できる事業ではない。オーガナイザーとして、リーダーとして並はずれた力量と言わねばならない。サウディアラビアの皇族出身ゆえ、十分な教育を修め、潤沢な資金を保有していた。この襲撃は、例えばボーイング操縦教育から初める5年前後のオペレーションである。

事件後、多くの調査報告/ドキュメントフィルム/映画/著作が出ている。直接に関連するマドリード/ロンドン/バリ島などにおけるテロ、アフガニスタン侵攻/イラク戦争、なおUS自身と世界に衝撃的影響を与えている。162分がUS国民心理と世界を変えたと言えよう。

オランダで150名アルカイダシンパがリストに上がり、武器所有と具体的計画によって中心グループが摘発される。数名は収監され長い裁判が続く。2004年イスラム批判とされる映画監督の路上刺殺事件。ヴィンセント・ファン・ゴッホ弟のテオの曾々孫にあたる人物で、享年47才。

黄色い野原は、ペンシルヴェニア州シャンクスヴィル近郊である。何の花が咲いているのだろう…10年前、ここにユナイティド航空93便が墜落した。ニュージャージーのニューワーク港を離陸、東にペンシルヴェニア州をとびぬけ、ハイジャッカーにUターンを命ぜられた。SNSで事態を知った勇気ある乗客たちがハイジャッカーを襲いコクピットに侵入。操縦するテロリストが観念して墜落させたと言われる。テロリスト4名に加え所々に席をしめていた乗客が大地にクラッシュした。首都ワシントンへの攻撃を防いだ神々しい英雄たちの場所と命名されているそうだ。

今年5月2日オサマは米軍特殊部隊襲撃によって死亡。パキスタン首都イスラマバードの北東50キロにあるアボッタバードの隠れ家コンパウンド(日記ガダフィーのコンパウンドご覧ください)は半年余り、探索観察されていた。襲撃時の詳細がいつかリークされるだろうが、逮捕でなく遺体収容だったのは何故か。大物/頭脳/殉教者は天国にさった。アルカイダはアラブ各地に`支店`を持つような組織ではない。後継ぎが出るが、今後、御しやすくなるのではないか。ナイン・イレブンに限るならば、一区切と言えるだろう。

Aniversary 9 11 Toro-Nagashi
シャンクスビル慰霊1日めの夕方、犠牲者をしのぶ灯篭流し

Aniversary 9 11 Ground
翌11日グランド・ゼロ地点での慰霊記念会場、青少年合唱風景。凄惨な南北内戦中の静謐な一瞬を詠う`星条旗よ永遠なれ`のメロディーが美しく心にひびく。三アタック現場それぞれで式典が行なわれた。数個組のカリオン(鐘楼)の響きと共に、遺族によって読み上げられる犠牲者の名前が次々に空に吸い込まれてゆく。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。