ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nature 雑草 フローラ/ファウナ

待宵草が揺れている  後編



ブログと言うのはホームページより遥かに簡単に参加できる。と言うことを過去2ヶ月間に学びました。インタネットメディアで見るサイトは入り組み自由自在に出来ています。そんな大規模なペイジでなくても御自分のHPをお持ちの方なら当たり前の知識ですね。

そう言うことを知らず出来ず、また時間もない私のような不精ものには、枠組が出来ているブログは重宝です。広告や展開できない不自由のうっとうしさから逃れるまで、これで訓練される方もいらっしゃるでしょう...

画像を登録すると、記号付きの札(タグ)が付きます。この札を画像挿入したい場所にコピペします。そして公開するボタンをクリックすると、欧州の雑史ブログHomepageにテキストと画像が現れる。複数の画像を貼り付ける面倒を覚えたのもつい最近。人様の作った標準"枠組”ですから、それぞれ個人の不便が一杯出てくるでしょう。

場合によって枠組ソフトが個人PCソフト/設定とぶつかるのでは...。すると「暗証番号が違う」「無効なタグ」「制限語彙数オーバー」等の拒絶を受ける、そんな気がします。[言うまでも無く管理者の方針や恣意的判断で、アプローチのシャットダウンや細部にわたる規制措置を受け得ます]

前置きが長くなりました。次にコピペするタグは昨夜キョヒされたものです。最初の画像は登録画像から常に一枚だけ掲載できる"枠組”で掲載できます。2枚目以降はタグのコピペと言うこと。さて本日はクラッシュせずに掲載されるかも知れません。

と思い試しましたが、"無効なタグ"と出て駄目でした。枠組自体が定めたタグなんですけどね。もう一度やってみましょう。一晩過ごしたにも拘わらず元気な8本の雄蕊です。と言うことはこの欧州帰化遺伝子は20時間前後も、花の全部分を"活き活き"と維持している。教科書記述は12時間なんです。、

8 NEELDRADEN

常に上に貼れる方法で貼った茎の天辺をご覧ください。待宵草の開花後に萎れる花と花柄。直ぐ下に緑のでかい筒状容器があります。画像は乾燥した萎縮部が落ちる近い時期と思われます。「花+愕片+花柄」セットが落ちる。これが今回の発見だった。

Oenothera biennis HOMMER

長い吸い口を持たない欧州蜂の一種。雄蕊の葯も雌しべの分泌物も体にくっ付く。どっちがどの体部に付くか?まだ分からない。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。