ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ordinary People 雑人雑名

里帰りしたパップスト ヨーロッパのカソリック教の王様 ヴァティカンあるじ

ポッペと言う名の親しい知人がいます。乾いた冗談をポソッと挟む名人で、しばらくあっていません。曰く「長男に三人目孫ができ、長女の二人とあわせ、忙しゅうてカナン。君んところへたまに逃げて一休みしたい」。初孫は5年前でした。もう2年あっていず、電話がかかり「そりゃーポップは忙しい」と互いに大笑い。彼の綴りはPoppeで、フリージアン語の子供言葉。現代英語Pope(教皇)と同じ一つPの綴りもある。両者は他人の空似。

ちょうどドイツにPope本家が里帰りしています。隣村ですが、そこではPapstと言い、こちらで Pausです。ローマ時代の日常言葉でPapaですから、似通っているのは当然。日本でもパパと呼ばれる老いも若きも多くの旦那さんがいらっしゃる。いわばローマの教皇と呼ばれていることになりますな。

      Papast bezoek 01
右後ろにメルケル女史と多分クリスティン・ヴュルフ連邦大統領。保守キリスト教政党人だから、押されっぱなしでがけっぷちCDUにとって人気回復に貢献する教皇行事。

法王の王と、教皇の皇とは要するに”支配”“差配”する権力者を意味します。東に分かれたオートドクス(≒ギリシャ正教)も西に発展したキリスト旧教(+新教)も、殆どのPapaは世俗的な権力を行使しました。彼の権力から派生する網の目のような組織が日常生活に浸透する。細部に属する権力の一つが性的アビューズでなかったか。旧教聖職者は世帯禁止ですから、起らないのが不思議。若き信者/聖職関係者と性交渉を持つことは公然の秘密だったと(真相が明るみになった今)言えるだろう。多くは成人男子と少年ですが、独蘭調査では少女/青年女性の被害者もあるそうです。

      Papast Benedikt 16   J A  Ratzinger
旧教の街・大司教区フライブルグか? 法王は困難な性問題に慎重な言葉使いで言及する。本名はバイエルン苗字ラートジンガー、久々に父国語で話せるヴァティカン国籍保持者。

パパと呼ぶ家族は日曜に教会に行かれる? 日本の方には場違いの質問だ。しかし、きょうびの我村にも当てはまる。10軒並びの隣人で誰が行くでしょうね。100軒なら数えられるでしょう。半世紀以上前なら、キチンと身なりを整え殆ど全員が教会に参ったそうです。カトリック(カソリックはブリテン語でそう聞こえるせい?)では子は神からの授かり物。ウジャウジャ"餓鬼ども”が10人15人といる家族がザラにあった。一人くらい抜けても許されそうにも拘わらず、ミサへの通いばかりは厳しかった。ヨーロッパの血と肉です。教会に行かなんだら”村八分”ジャ。

日本のキリスト教の信者数はどれほどでしょう。人口の1~1.5%ほどと聞いたことがあります。その場合126~190万の人々です。伝道経緯から圧倒的に旧教が多いのでは。ヨーセフ・アロイジウス・ラートジンガー氏は84才、旧教総本山の主です。素描仲間に2人の80才代がいますが、高齢と言う感じがありません。彼が趣味会の知り合いなら、やはり元気な老人に感じるのかもしれません。数日の里帰りながら、分きざみのスケジュールなそうな。

Papst bezoek 02 Bindestag

アリタリア航空は教皇庁専用機を用意しているようです。実質倒産の国営企業が民営化され、まだ動いている理由がこのあたりから憶測出来るのでは。大金持ちヴァテカンがアリタリアを支えている? ところで専用機は4日間フランクフルトで待機らしい。エアーフォース1と言うUS大統領ボーイング専用機はナインイレブン以来よく知られる。USとVaticanこの二つの親分職は専用機を持って良い。宗教は昔も今も、恐るべき闇の中…

Papst bezoek 03 R K0nast Groenen
ブンデスターグに於ける同胞の演説に聞き入るミドリ環境党のルナーテ・クーナスト。

保守的教義の宗教学科教授をドイツにおいて長年務めたラートジンガー氏は左派政治家や人権擁護団体からしばしば批判される。数年前から主に旧教高位聖職者による職権乱用性スキャンダルがヴァティカンを揺さぶっている。アイルランドカトリック団体がローマとの断絶を声明したり、賑やかに歌い踊るアメリカ福音教会も同じ酷い事実を明るみに出している。

ラートジンガーも多くの前任者たちと同じで、知りながら知らん顔してきた。具体的な証拠/証人を前提にした訴えが数カ国の下部組織から出ているにも拘わらず…。逆に言えば、ヴァティカンだから握りつぶせる。口止め代はもちろん充分に手配されているわけですね。こうした構造と言うか仕組みは例えば旧教国家ベルギーで繰り返されて来たわけです。しかし21世紀に入り、訴える側の戦術/証拠技術の向上とインタネットによる情報共有などのため、隠蔽が難しくなってきた。

       Papst bezoek 04 Die Linke leiderブンデスターグの議会だから、かつて無宗教国家だった東独出身の”左”党首ギジもインタヴューを受けている。20年前、東ベルリンの若き弁護士だった。党と関らない無傷/綺麗さの為に壁落ち後の交渉団から頭角をあらわした人。でっぷり太って年月を感じさせますね。

カンツレリンのAメルケルはキリスト教民主同盟の党首。何を差し置いても教皇のミサに出席しなければならないだろう。彼女は数ヶ所の大教会に顔を見せている。ヨーロッパはギリシャ問題で大揺れの渦中、とりわけドイツの揺れは大きい。どう言う事情でローマと日程調整出来たか? CDU+FDP陣営には得をしても損にならないヴァティカンからの訪問でしょう。

ドイツ人表情に様々あれど、個人的にこの宗教人に納得いたします。いかにもドイツ人の一つの典型という感じを受けます。皆さんの印象はいかがでしょう?どの民族にも幾つかの典型的表情があるように思います。男女それぞれにあるんですね。例えば日本人男性なら、ダークダックス(懐かしいデス)の四人の風貌とか...

ベネディクト16世はドイツ人9人目のヴァティカン大将だそうですね。少なすぎて意外です。ヨーロッパ人を除く教皇は出ていないと思われますが…さあ。250以上の代と言いますから、するとやはり長靴のあちこちから選ばれたのでしょう。時々の血まみれ政治事情で這い上がったり祭り上げられらたりしたんでしょうね。

女だけに熱心だっ糞坊主人もいるかと思えばし、敬虔な宗教書を著した人物も多くいるようです。フランス語ともう一カ国語を完璧に操る16世は稀に見る学者だと言われます。教皇は権某術策に長けていないと勤まらない激職ですから、彼は珍しいタイプかもしれませんね。

         790721 dhr Pals

ラートジンガー氏の表情タイプと個人的に同じと思うスケッチをアップします。バイエルンで無く、ザーブルッケン生まれの人物。30年前のボールペンを紙から離さず描いた滅多にない目茶苦茶例。私個人の印象だからゼンゼーン違うと感じる方もいらっしゃるでしょう。知人ポッペなら、それは芸術だから、と片目をつむるんです。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。