ライン・ワール・マースの狭間から、草の如し徒然の観察八景。 政ごと/商いごと/言の葉ごと/遊びごと。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Uprising 抗議デモ/アラブの春

カムナ月7日 オキュパイ・デモUSから始まる キチジョウソウ 

Sontag wetter
カムナ月7日 なかなかの日和です。上機嫌のオバサン・メルケル宰相見たいな天候です。

欧州財政安定基金への100億ユーロ高のドイツ出資額を議会多数で通してもらったからですね。これでギリシャにも二次融資を出来る。数日前ドイツ商工会議メンバーがギリシャを訪れ、具体的な経済交流=支援について談義してきました。足早の一日訪問だったそうですが、カンツレリンの意向を受けた動きでした。

しかしギリシャ市民の大方は、融資に付属する激しい条件に対し、ヒトラーのギリシャ蹂躪に例えて、怒髪天を指すと言う感じです。ドイツと言うのはいつもこう言う反応を受ける。精一杯の笑顔を浮べ、出来る限りの援助をしても、「お前等さんざん悪事をしたくせに、また融資にかこつけ、意地悪しよる」…。 昨日今日のギリシャの(部分的な印象ながら)辛辣なデモは何となく韓国や中国の常套的な「日本やっつけてやる」態度に重なるような気がする。

Chile Riot 1
南米の太平洋岸の国 チリの首都で学生たちのデモ。ギリシャ、ブリテン スペイン イタリア、アイルランド、ルーマニア、、、、あちこちで沢山の人々がデモに参加しています。

USニューヨーク・フィラデルフィア東部、ソルトレイク西部などの町でも、座り込みテント暮らし占拠の抗議活動が続いています。放水車や投石と言う激しいのはチリとギリシャだけですが、これらのデモは明らかにアラブ蜂起の影響を受けていますね。エジプトのiphone使いの若者達が広場にテントを設営して革命の発端を作った。有効な手立てになることが証明された。これまでの路上行進抗議を乗り越える"新発見"です。

抗議の主題はウォール・ストリート街を占拠することでよく理解できます。世界金融の中心から3年前の銀行連鎖の世界不況が発生、それは今回のギリシャを契機にする債務問題にリンクしました。世界の一部・金融業界がなす"悪"と不当な彼等の収入に対する抗議と言っても良い。音楽にダンス賑やかな全米的な意思表示に対して、バラック・オバマ氏は人々のフラストレーションを理解できる、そのために私は努力したいと昨日言っていますが…。

デモが無い、あるいはしても直ぐに取り締まるのがロシア・ベラルーシ(白ロシア)・支那ですね。前者2ヶ国が昨々日だったかUN安保理でシリア非難決議に拒否権を使いました。シリアの反対勢力はスイスで組織統一をして、本国では民主化支持に付いた軍人たちが武器による開放闘争を宣言。一方パレスティナ政府の正式UN加盟提案に対し、USが拒否権を使わざるを得ないとクリントン女史が昨日声明。日本新政権はこれらに対し、態度表明している筈ですね。あいにくサテライトやラジオがフクシマについては言いますが、日本の国際的立ち位置に関するニュースを流さないので…ウーン

Kichijo-so
二つ分かれの雄蕊の葯が辛うじて分かる今日のキチジョウ草。2センチほどの根っこを叔父からもらい、かなり前に埋めた個体。生き残るとは期待せず、この経度でどうなるか?個人的な実験でした。何も起らず忘れていましたが、昨秋花が出ました。こんな仕合せは嬉しいデス。ふるさとの、いわば名もない雑草ですから。

Vinca minor 001 ヒメツルニチニチソウKleine maagdenpalm the lesser periwinkle
これも今、咲いています。しばらく高温が続き、誘われて十個くらい出ていましたが、殆ど花びらを落とし、残った一つです。蔓日日草の漢字でいいのか?ニチニチソウと言うと思いますが…。

この植物は欧州自生種で日本に帰化しています。マイナーな小花弁種(シュ)もあり、それはヒメニチニチソウか?判然としません。色はともかく、表情がのっぺりとして退屈…ところが見所もあります。5枚花弁がカザグルマ状に方向性を持っているのです。↑画像例はそれほど回転性を感じさせませんが、たいてい個別の花びらがはっきりとした非対称形なんです。すると"マワル意志"を観察できます。

ウィークエンドから電気の無いところに寝泊り、夜空を仰ぎます。ワイルドライフとブリテン人は言いますが、長靴に厚手袋を忘れず、サアどうなるでしょう。皆さんも、ホッコリ良き休日を過ごされますように。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ken minatoya

Author:ken minatoya
Victor Westhoff(1916-2001)碑文Hij observeertからのHNを本名と苗字に先立つ屋号に変更。ウエストホフは生物フローラの相互生息環境を丹念に観察したBiotop概念の先駆者。ザザーッとフィールドを歩きつつ、こぼれ見える外史/雑人/雑草の風景

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata

タグリスト

access
access online
現在の閲覧者数:
Latest trackbacks
Search form

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。